育苗に必要な資材のおすすめ(水稲・野菜)

育苗に必要な資材のおすすめ(水稲・野菜)

水稲用育苗箱での育苗の流れ

ここで一回水稲での育苗の流れを見てみましょう。

1.育苗箱に床土をだいたい2cmくらいになるように均等に入れる
このとき育苗箱のそこに育苗紙などを敷くと根のはりが良くなり、田植え作業の際効率よく作業ができる。

2.脱水し、陰干しした種もみを均一にムラなくまく。播種機などを使うと簡単にムラなくまける。

3.次に潅水する。
底まで水が染み渡るように。寒いときは温水と用いる。

4.覆土する。
覆土した後は潅水はしない。

※培土は目安として
・稚苗用育苗箱は床土3.3L、覆土で1Lくらいを使う
・中苗用育苗箱は床土厚さ2.3cm(約3.8L)、覆土1L位を使う。
 
作業の流れとして覆土ができる播種機を使うのが時短にもなり作業を通して使えるのでおすすめ。

5.覆土した育苗箱を育苗機に入れる。
育苗機は直射日光の当たらなく、風当たりが少なく、水はけの良いところに設置する。

6.育苗する。

というのが基本的な流れになります。
この中であると便利なものや必要なものは

・育苗箱にしく敷紙
・覆土機
・育苗機

となります。

それぞれどんな物があるのか見ていきましょう。

水稲用の育苗箱の選び方・種類はこちら⇒水稲用の育苗箱の種類と選び方

野菜用の育苗箱の選び方・種類はこちら⇒野菜・園芸用育苗ポット

育苗に役立つアイテムのご紹介はこちら⇒育苗に必要な資材のおすすめ

育苗箱用の敷紙

育苗箱用敷紙

育苗箱用敷紙 500枚入 国産 環境にやさしい水稲用

とにかく使い捨てで後々洗ったりするのが面倒!という人向けの敷紙です。田植えのときそのまま植えてしまいます。通気性がよく根が苗箱に絡まらないようになり、さらに穴から根が出ないので根がらみもしにくいです。安価でコスパ最高の敷紙です。

ワンタッチシート

ワンタッチシート 100枚入 575mm×275mm プラスチック製 育苗箱用底敷紙

先程と真逆の何度でも洗って使えるエコな育苗箱用のシートです。丈夫な樹脂製で長いこと使えます。
水を通す穴も空いており、通気なども考えてあります。もちろん樹脂製なので根が突き抜けません。

ねはりシート

育苗箱の底に敷いておくだけで、根の針がよくなり、ガッチリとした健苗ができるので、田植え作業が効率アップ
さらに水分を貯水する成分で苗が水を補給しやすくなります。ただ使い切りですのでそこはご注意を。

カルネッコ

根を通さず根張りがよくマット形成が綺麗にできます。根切り作業も不要で箱から取り出すのも簡単です。繰り返し使用でき経済的なのも嬉しいですね。ただ裏表があるので間違って使わないように。

覆土機

こちらは覆土と播種を両方行えるものが多いです。それだけで作業効率がかなり挙げられるのでおすすめです。

まずは

主導型移動式播種機SH2B スズテック

型式 SH2B
機体寸法 全長 350mm×全幅 700mm×全高 360mm
重量 12kg
ホッパー容量 播種;18ℓ
播種量(催芽籾) 135~285g/箱
能力 手動

手押し播種機 K-6T 啓文社

【KEIBUN/啓文社】手押し播種機『K-6T』(2輪駆動タイプ)【播種機/種まき機】

全長:360mm
全幅:700mm
全高:330mm
重量:約9kg
ホッパ容量:約16L
標準播種量:約200〜490cc(催芽籾)
播種幅:580〜590mm
播種速度:2〜3秒/箱(ゆっくり歩く程度の速さ)
駆動方式:前輪2輪駆動方式
備考:箱育苗用・バラマキ

事前に並べておいた育苗箱の上を通過するようにつかっていく播種覆土機です。

次にこちらは播種と覆土を同じものでできませんが、とても安価です。
両方買っても上の2つより安いです。

みくに式播種機みくに式覆土機

みくに式種まき機 ガードレール付き 水稲育苗箱用播種機 広田産業

育苗機

こちらはいま人気の啓文社のものが有名でコスパもいいですし、実際良く売れています。

育苗機 KBS-N56LAB 啓文社

機体寸法(mm):1350X1530X680
収納箱数(箱):棚方式 56
        積重ね方式 80

棚間隔(mm):73

電源(V)出荷時/切替:単相 200/100

消費電力(Kw):0.95

棚パネル:標準装備

ヒーター型式:HA-95AL 1個 

梱包重量 12.2kg

電子サーモ型式:ML-100

複合蒸気ヒータの電子サーモ仕様。
サーモスタットを30℃(籾の場合)にセット、2-3日で出芽させます。天候による出芽の不安がありません。
出芽に約60時間、初期緑化に2日程度で均平な育苗ができ、農作業(田植え)が計画通り進められます。
マイコンコントロール式サーモで、温度管理が簡単に出来ます。
露地育苗に比べて、小スペースで管理できます。
フレームは組立簡単、工具不要のボルトレス式。
籾の出芽育苗のほか、花や野菜の育苗に、麹の発酵に、観葉植物の越冬保温にといろんな利用ができます。

野菜用育苗箱補助資材

次に野菜用の育苗箱の使い方の流れを見ていきましょう。

1.育苗箱やポリポットに培土を入れる。
培土はよく混ぜておきます。たまに水を加えるものもありますので、使い方をよく読んでおきましょう。しっかりと平坦に土を隙間なく詰めていきます。

2.潅水する。
容器から水が滴り落ちるほど十分に水を与える。

3.育苗箱ベンチなど通気性他が良く地面にくっつけずにおいておきます。下から空気に晒すことで名がしっかり培土に根付きます。

4.乾燥しないように上にシートや新聞紙をかぶせておく。
発芽するまで土が乾燥しないようにしておきましょう。発芽したら取り除きます。

という流れになります。

こちらも育苗の補助になるものを上げるとすれば、

・育苗機またはマット(温度管理ができるもの)
・たねまき培土
・種まき用の穴あけ機
・播種機

となります。

それぞれどんな物があるか見ていきましょう。

育苗機

発芽育苗器 愛菜花 PG-10

TVでも放映された話題の育苗器、誰でも簡単に発芽!

・ヒーターとサーモスタット内蔵一体型。
・育苗器前面のダイヤルで温度管理ができ、簡単で便利です。
・トレイとフードが2つに分かれています。
・換気窓の開閉で温度・湿度管理ができ便利です。

サイズ:W540×D405×H190(mm) ※ダイヤル、コードの突出部含む
電源:AC100V
加温能力:室温+13℃ ※ご使用環境によって異なります
消費電力:50W
重量:約2.2kg※セット重量
電源コード:長さ約1.3m
素材:本体(PP)
安全装置:温度ヒューズ・電流ヒューズ内蔵

園芸マットヒーター

農電マット農電サーモ

農電園芸マットは、農園芸用に特別に開発された安全で使いやすい加温用電気マットです。プロの農家さんから家庭園芸まで、幅広い用途にお使いいただけます。
よく売れるのが 1-306

0.9m×1.8m(単相100V 160W) 農園芸用マット状ヒーター

従来の農電電子サーモ基本スペックはそのままに、さらに使いやすさを追求したデジタルサーモです。農電ケーブルや農電園芸マットに農電デジタルサーモを併用すると、設定した温度で自動的に入・切し、無駄な電気を省きます。“低炭素効果の高い農電サーモ”は省エネ時代の必須アイテムです。

ND-610 100V 10A 加温冷却兼用

また小型の温室とマットが一緒になったセットも人気です。

らくらく園芸マットひなたぼっこ

らくらく園芸マットヒーターの上に直接ポットやプランター・鉢物をのせて保温できます。マットヒーターの上に3号ポットが約70鉢、プラグトレイが3枚のり、一度に大量のタネまき・育苗ができます。付属のグリーンサーモで希望の温度管理がラクラク。専用のドームカバーで低温期に必要な保温はこれで万全。菊などのさし木・さし芽にも大変便利です。(中国製)

【らくらく園芸マット900】
・定格仕様:AC100V・85W(加温用)
・サイズ(約):幅60×長さ90×厚み1cm
・材質:PVC
【グリーンサーモ12F(地中・空中兼用)】
・定格仕様:AC100V/1200W(加温用)
【ドーム900】
・サイズ(約):幅66×高さ50×長さ96cm
・材質:スチール・PVC
【トレイ900】
・サイズ(約):幅62×高さ10×長さ92cm
・材質:ポリエチレン
※園芸マットのご使用時には、安全のため必ずサーモスタットをご使用ください。

種まき用の穴あけ&播種機

RSハンドシーダー

生産資材タネまきハンドシーダーサカタのタネ

タネの大きさによって5種類の穴から選べます。
もちろん、サイズ変更には特殊な道具がいりませんので 作業中でもサイズの切替ができます。
用土やジフィーポットなどに種子をポトポト落とすだけの便利なタネまき器です。 片手で簡単に出来るから、もう片方で覆土作業ができて作業効率もアップ! かなり人気の商品でロングセラー。いろんなタネがこれ一個で蒔けるのも魅了区です。

鎮圧ローラー

128穴や200穴のセルトレイの播種用の穴をあけるローラーです。転がすだけですべての穴に穴が空くのでとっても簡単です。ご使用になられる穴の数を見て選びましょう。

いかがでしたか。これだけご紹介してもまだ一部なのですが、人気のアイテムだけを厳選してみました。実際に売れている商品ばかりなので、知ってる方も多と思います。

播種だけでしたら播種機セットを買うのが1番近道なのですが、それはいろいろ情報が多く次回ご説明とご紹介をしたいと思います。

水稲用の育苗箱の選び方・種類はこちら⇒水稲用の育苗箱の種類と選び方

野菜用の育苗箱の選び方・種類はこちら⇒野菜・園芸用育苗ポット

育苗に役立つアイテムのご紹介はこちら⇒育苗に必要な資材のおすすめ

園芸・農業資材カテゴリの最新記事