ビニールハウスで使うタイベックシートの内張りカーテンについてのまとめ

ビニールハウスで使うタイベックシートの内張りカーテンについてのまとめ

建築業界や農業資材としてよく聞く、「デュポン タイベック」。実際に使っている方も多いでしょう。実はこれ外国の製品でデュポンというの会社名です。そしてタイベックというのはある意味素材名です。

そんなタイベックですが、様々な使われ方をしますが、今回は農業での使い方と種類をまとめてみました。

多くの展示会にできるだけ足を運んで実際にメーカーや代理店の方からお話を聞き、多くの建築、農業資材を扱う資材屋で働きメーカーの営業の方から情報を聞く機会の多い管理人が聞いた話と仕入れた情報でまとめます。

スポンサードサーチ

タイベックってなに?

ものすごく簡単に言うと、不織布のシートです。では詳しくご説明します。

ここでタイベックという素材について知っておきましょう。シートの素材に使われているタイベックは0.5~10ミクロンのポリエチレンの極細長繊維に高熱を加えて結合させたシート(不織布)です。耐水性にとみ、透湿性と通気性も兼ね備え、耐久性にも優れていという最高の素材です。

使われ方としては建築業界では湿・防水シート、遮熱シート、ルーフィング材などとして使われており、有名なハウスラップなどは30年以上の間、日本国内で約400万棟以上、全世界で1,000万棟以上の住宅に使用されています。

また農業業界ではビニールハウスの内張りカーテンとしてや外張りシート、またマルチとして多く使われており、高温時の植物の生長・生育を促進させます。またタイベックの優れた遮熱性、通気性、透湿性により、土の中を快適な湿度に保ちます。
さらにIPM(総合防除)の一環にも使われ、優れた遮熱性によりトマト青枯れ病対策や光反射特性により、アザミウマ類・アブラムシ類にたいする防除効果が明らかになっています。
農家の方に人気で耐久性に富み、複数回に渡り使用が可能なので経済的です。

医療や安全防護などにも使われており、医療用滅菌包材、化学防護服、工業用資材など、その優れた性能を活かし様々な用途で広く採用されています。防護服、カーゴカバー、除湿剤などが有名です。

まさに世界中でいろんな業界に使われているスーパー素材なのです。

農業用環境コントロールシートとしてのタイベックの効果・使われ方

今回は農業用としてのタイベックのご紹介となりますので、農業としての使い方にしぼってご紹介させていただきます。

タイベックは農業用として使う場合

  • 遮熱性
  • 遮光性
  • 保温性(夜)
  • 防虫性

の効果が期待できます。そして主な機能としてタイベックには

  • 光反射
  • 透湿性
  • 通気性
  • 耐水性

が揃っており、大きく分けると以下の3つの用途で農業用として使われています。

  • マルチ用途
  • ハウス用カーテン
  • 総合防除

それぞれ軽く見ていきましょう。

スポンサードサーチ

マルチシートとしてのタイベック

みかんなど柑橘系や落葉果樹用品質向上マルチシートとして

タイベックでのマルチ栽培は、みかんなどの柑橘用、落葉果樹用、野菜用、花用など幅広く使用されていて、高品質な農作物を作る有効な方法とされて評価を得ています。

タイベックの持つ耐水性、通気性、透湿性、光乱反射率が、高品質で美味しい柑橘(温州みかんなど)栽培の、生産安定化をサポートします。主に着色促進、糖度上昇、光反射による害虫の行動抑制(総合防除)などの効果があります。

また高い光反射率をもっているので、りんご、もも、さくらんぼ、黄桃なども着色促進を促し高品質で美味しくなる効果があります。

野菜や花用としての生長促進としてのマルチシート

夏場の土壌温度を下げる野菜・花用のマルチシートとして使われます。

優れた遮熱性、通気性、透湿性が土の中を快適に保ち、トマト・ネギ・葉物野菜などの生育を促進し高品質化や収量アップなどに効果があります。
またこちらでもアザミウマなどの害虫などに光反射で行動抑制効果があります。

またチューリップ・ゆり・スイートピーマルチ栽培などの使用例があり、タイベックの優れた遮熱特性が夏季高温時期の球根切り花栽培などで球根の生産向上効果があります。また高品質に編んてした生産がしやすくなります。

こちらのマルチシートとしての用途では700AGというタイプのタイベックが人気でよく使われています。

タイベックマルチ700AG

タイベックシートの切り売りなどもあるようです。

タイベックマルチシートの設置の際の注意点

タイベックは害虫をハウス内へ侵入させないためにつかわれますが、誤った設置をすることで効果が十分に引き出されない場合があります。
害虫被害から守るために最大限に効果を発揮できるように設置の際には次の点にご注意ください。

1.設置にあたっての注意

周囲マルチとして害虫の侵入阻止の効果を得るには、ある程度の幅(1.5m程度)がないと効果が低下します。ですのでビニールハウスの周りに1.5m以上の幅のタイベックシートを敷きましょう。

2.タイベックシートの押さえ方(固定の仕方)

タイベックは風によるバタつきで破れてしまうことが多いです。シートの下に風が入るとバタつきの原因になり破れてしまいますので、風が入らないよう対策をします。以下の2種類がよく使われています。

・直感パイプを使用した抑え方

シートの両側にパイプをおきパッカーで止めます。要はプール育苗の枠と止水シートみたいにします。さらにバタつきを押させるために土のうなどを重しとしてパイプの上から置きます。

・灌水ホースを使用した抑え方

タイベックの上に灌水ホース(0.4mm程度幅5-6cm程度)を広げたタイベックの端に乗せ、後から水を入れます。そのとき7、8分くらいの水を入れるとホースに柔軟性がでるので効果があがります。

ハウス用カーテンなどビニールハウス資材としてのタイベック

ハウス用としてのタイベックシートは大きく分けると

  • 内張り用
  • 外張り用

の2つに分かれます。ビニールハウスの内側か外側に使うかです。

内張り用カーテンとしてのタイベック

素材に使われているタイベックの耐水性、透湿性と通気性の効果を最大限に生かした使い方です。

温度を下げる要因は高い反射率と低い吸収率がポイントです。
優れた遮熱性があるとされているアルミ蒸着フィルムや練り込みフィルムと比較してみても、タイベックの反射率はかなり高い値を持っています。また吸収率もほとんど0で、太陽光線にさらされてもシートに蓄熱しません。この優れた遮熱性で、昼間の高温時には温度の上昇を抑え、夜間は熱を逃さず保温をしてくれます。

この用途してよく使われているのが、ウォータースルーとウォータースルーMXです。

ウォータースルー

シート全体に直径3mmの孔を10cm四方間隔であけました。これによりハウス及び上層資材による結露から発生する水を抜きます。

ウォータースルーMX

従来のウォータースルーに耐久性を強化した内張りカーテンです。(少し平均値としての厚みがウォータースルーに比べ厚い)
ベース素材に使用されているデュポンタイベックの優れた遮熱性で、ハウス内の作物にベストな育成環境を作りやすくし、作業効率も大幅に改善できます。
穴開き加工により、ハウス内の雨水の漏れやその他の上層資材による結露から発生するカーテンの水たまり(金魚鉢現象)も解消できます。また軽くて丈夫で収束性にも優れています。

ウォータースルーの注意点

特に管理人はタイベックの回し者というわけでないので、ここで小ネタを。

実はこちらのウォータースルー、昔はよく出ていたそうなのですが最近は代理店の方もあまり積極的におすすめをしていないようです。

なぜならウォータースルーMXでさえ、耐久年数が2年くらいですぐにボロボロとなってしまうことが多いようなのです。同じくタイベックを使ったハウス内カーテンとしては日本ワイドクロスさんのサンサンカーテンを現在は全力でおすすめしているようです。

外張り用としてのタイベックシート

スーパーシート

厳しい自然にも耐える外張り専用のシートです。
ハウスの遮熱資材として定評のあるタイベックをベース素材として、更に強度を高めた外張り用の新素材で作られています。強風や積雪など厳しい自然条件にも優れた耐久性を維持します。そしてもちろん光反射率90%以上の特性を持つタイベックにより明るさと涼しさを確保してくれます。

スーパーシートはハウスの外張りや養生シート、きのこハウス、牛舎・豚舎、作業小屋などさまざまな場面で使われています。

またラミネート加工ありとなしの2種類があり、積雪地帯にはラミネート加工がおすすめされています。なぜなら積雪の重みによる損傷を防ぐためと雪落ちをしやすくするためです。

スーパーシートの施工

スーパーシートの施工には以下の点に気をつけましょう

  • POフィルム、塩ビフィルムなどの上にタイベックを貼ります。
  • たるみやバタつきが発生しないようにしっかり止める。
  • ビニペットなどの留め具材で確実に固定する。
  • 強風常襲地帯ではネットまたはフィルムを外側に被膜して補強する。

こちらは未だに根強い人気があり、メーカーの代理店の方も一押し商品のようです。ラミ加工のものは耐久性も6年くらいあり、とても強い強度のシートです。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。もう一度言わせていただきますが、特にタイベックの回し者でもないので、小ネタをはさみされぞれご紹介させていただきました。タイベックのマルチシートやタイベックを使って練り込んだシートなど世界中で需要のあるデュポン社のタイベック。この機会に導入してみては。

建築系のタイベックシートについても今後記事にできればと思っています。

園芸・農業資材カテゴリの最新記事