種なしぶどうを作るジベレリン処理とは?おすすめジベ処理アイテムもご紹介

種なしぶどうを作るジベレリン処理とは?おすすめジベ処理アイテムもご紹介

ぶどうを作っている農家の方には馴染み深いジベレリン処理。よく聞くけどどういった意味があるのか、また何かしら人為的な作用を加えているのに身体に問題はないの?といった疑問について話していきたいと思います。

またジベレリン処理をすこしでも簡単にするアイテムもご紹介します。

毎年いくつもの農業系の展示会などで農業資材メーカーや商社の方々とお話をさせていただく管理人がお話します。

スポンサードサーチ

ジベレリン処理とは

ジベレリン処理とはぶどうで言えばよくある「種無しブドウ」を作るためやぶどうの粒自体を大きくするために行います

基本的に果実は受粉をして実を作るのですが、ぶどうはジベレリン液につけることで実ができてしまうという特異な性質を持っていて、受粉をしていないから、デラウェアや種無し巨峰・ピオーネなどの種のないぶどうができるという現象が起きます。

ジベレリン液って人体に問題は?

ジベレリンは簡単にいうと植物ホルモンの一種です。植物自体にもともとある物質を使うため変な物質を使うわけではありません。それを培養という形で作られているので自然界にあるものを増やして使っているので安全です。

つまりジベレリン処理をしている種無しブドウもしていない種ありぶどうもジベレリンという植物ホルモンの作用はどちらにせよ受けるのでぶどうには必ずある物質です。

ジベレリンはぶどうの他にも、柑橘類、カキ、トマト、いちご、なすなどにも使われていてその他の植物ホルモンも様々な野菜や果実に作用しています。

微量であれば人体にも影響のあるものではなく、人が一日に体重1kgあたり0.14mgまでであれば摂取しても問題はないとされています。ジベレリン液をつかうブドウ農家さんでもこれだけの量を口にすることはありえないと言われる程の少なく見えますが大量の数字らしいので、安心ですね。

ジベレリン処理の流れ

簡単にジベレリン処理の流れを話すと

  1. 房切りをする
  2. 満開日から3日以内に1回目ジベレリン処理
  3. 10~15日ほど開けて2回目のジベレリン処理

といった感じです。

1.房切りをする

種なしぶどうと種ありぶどうでは房切りの仕方が違います。種無しブドウは先端3.5~4cmくらいの房以外をすべて採ります

このときジベレリン処理をする目印で2房残すのが一般的。ジベレリン1回したら一つ取って2回めでもう一つを採ります。

プロの方は手でやったほうが早いそうですが、こういった房作りを綺麗にできるアイテムもあります。軸を挟んで上下に剃り落とすというというサボテンのブドウ花穂整形器です。

ブドウ花穂整形器B-5 B-7

ジベレリン処理

1回目は満開日から3日以内に行います。だいたい8割の房が満開していたらOKとのこと。ここでジベレリン溶液を作成するのですが、ジベレリン剤だけでもいいのですが、他にも併用したほうが効果的という説があります。

まずはフルメット溶剤を添加することで、着粒安定効果とジベレリン液だけでは厳密に決まった期間でしなければいけない処理が、ある程度時間の幅に余裕を作れる効果もあります

次にストレプトマイシン。なんか聞いたことがある溶液ですが、これはより効果的に種無しにするための溶液です。ジベレリンはどちらかというと粒の肥大化に効果があるので、ストレプトマイシンを加えることで種無し効果をより増大させます。結構色々な論文がでているほど効果があるようです。

ジベレリン処理にいい日

溶液につけることでぶどうにしずくが付き日焼けをすることがあるので、太陽ができるだけ弱い時を狙ってするのが効果的です。曇りで夕方頃が最適です。

ですが雨が降ってしまうと効果が流れ落ちてしまうので要注意。天気予報をよくみて雨がしばらく振らなそうな日がいいです。

2回めのジベレリン処理とジベレリン一発処理

1回目から10~15日ほど開けて2回目のジベレリン処理を行いますが実はこれには諸説あります。農業関係者のバイブルの「現代農業」では2回しても1回でも効果は変わらなかったという体験談もあります。これを「ジベレリン一発処理」といいます。

ジベレリン一発処理は1回しかジベレリン処理をしないため時間に余裕ができ、更には摘粒の作業も1回でできるので時間短縮にもつながるとのことです。

2回めの場合はジベレリン溶液のみをつける事が多いようです。

スポンサードサーチ

ジベレリン処理におすすめのアイテム

今回おすすめできるのが「ジベ処理器らくらくカップ2」です。カップ上部からシャワー状に溶液が出てくれるため溶液の入ったコップを持つより軽く、作業が簡単に疲れにくくなります。

まずは使っているところを見てみましょう。

らくらくカップ2はブドウの品種のサイズに合わせて「特大・大・小」があります。違うのはカップサイズのみで本体は変わりません。

カップサイズ
特大直径:130mm 深さ:243mm
直径:115mm 深さ:205mm
直径:90mm 深さ:180mm

カップだけでも売っているので、沢山品種を育てている方もカップのみ買えばOKです。

  • ポンプは肩掛け腰ベルト付きで軽量タイプのため、女性でも使用可能
  • カップを傾けても、常に液のカップ満杯状態と同じ効果があります。
  • 房を入れても、カップを傾けても液をこぼすことがないため、節液が可能
  • 房が折れる、液がこぼれるなどの心配がないため、作業能率を上げ時間短縮が可能です。

実際に資材屋でもものすごく売れて毎回欠品になる商品なのでぜひともおすすめです。

まとめ

ぶどう園の方に必須のジベレリン処理。今回はジベレリン処理の基本とお助けアイテムをご紹介しました。

ジベレリンというホルモン自体には種をなくす効果はあまりなく粒の肥大化の効果のほうが高いというのは実はあまり知らない方も多かったのではないでしょうか。またジベレリン一発処理も最近はやっているブドウ栽培の一つです。実際に効果が1回でも2回でも変わらないという報告がありますので、余裕があれば1画だけでも試してみるのもいいでしょう。

農作業は完全に身体が資本となるため、どれだけ楽にどれだけ時短できるかがとても大切です。もちろん節約も。日本の農業は、もっと快適にもっと稼げるようになるべきだと思っていて、様々な同じ思いを持つメーカーさんが日々いいアイテムも出ているのでこれからもご初回していきたいと思います。

園芸・農業資材カテゴリの最新記事