板金金切鋏ブランド「種光」の新製品・ダイス鋼SLD2金切鋏

板金金切鋏ブランド「種光」の新製品・ダイス鋼SLD2金切鋏

今回は板金工具の金切鋏(板金鋏)の有名ブランド「種光」から新しく出た新商品をご紹介したいと思います。そしてついでにその金切鋏で使われている鋼の種類をご説明します。

よく聞く鋼の素材はこちらでも説明していますので、もしよろしければ読んでみてください。

年間数多くの展示会に出席し、種光・盛光・直徳・東京一光などのメーカーの営業さんや社員さんと展示会などでお話する管理人がおすすめの工具、特に板金工具についてお話します。

スポンサードサーチ

2021年度の種光さん新商品「ダイス鋼SLD2金切鋏」

今回ご紹介する金切鋏は「ダイス鋼SLD2金切鋏」です。種類は下記の4種類出ています。

  • 柳刃240
  • 柳刃270
  • 柳刃240 コブラヘッド
  • 柳刃270 コブラヘッド

コブラヘッドというのは刃の部分がスリムなっているスリムタイプとなります。ただスリムタイプは受注生産となっているようで大体2週間から1ヶ月くらいはかかると見て間違いないでしょう。

刃は通常タイプもコブラヘッドといわれるスリムタイプも柳刃の240と270のよく使われるものとなります。ここで特徴をまとめてみましたのでまとめてみます。

  • 種類は柳刃240mmと柳刃270mmとそれらのスリムヘッドの4種類
  • 持ち手は新型トルネードグリップ
  • 高性能新SLD鋼を使用
  • ボディはハードボディ鋼

トルネードグリップを既存のものと比べて変更した理由はよくわかりません。今まで従来のトルネードグリップでもなにかしらのクレームのような問題点は聞いたことはありませんでした。ただ変更したということは良くなっているのは間違いないでしょう。持ってみると実際従来のものよりしっくりきます。

種光 ダイス鋼SLD2 金切鋏
created by Rinker

ダイス鋼やSLDってなに?

まずはダイス鋼についてです。

ダイス鋼とは

ダイス鋼SKD11ともいい、冷間金型用の合金工具鋼の一種となります。かなりの硬さまで焼入れが可能で、焼入れ歪みも少なく汎用性もよく、よく使われる鋼となります。

ちなみに記号のSKD11の意味は、

  • S(鉄)
  • K(工具鋼)
  • D(ダイス、金型)
  • それら第11種

という意味のようです。冷間で使用する金型用の鋼ですので耐摩耗性に優れています。ただ今回種光さんの新商品の金切鋏に使われているのは、こちらをさらに改良した「新ダイス鋼」となります。

SLD-MAGIC鋼とも呼ばれ、日立金属さんの開発となります。もともとのダイス鋼よりさらに熱処理したときの金属のサイズの変化が小さく、耐摩耗性もアップしています。

もっと詳しく知りたい方はこちら→SLD-MAGICについて

SLD鋼とは

実はこちらはSKD11のことで上でも説明した、普通のダイス鋼のことです。

とこれで終わってしまうのも雑なので、かんたんに自分用のメモ程度にまとめます。SLDとは簡単にまとめると

  • 炭素が多く含まれ、硬さと耐摩耗性に優れた素材
  • 焼入れ性、耐摩耗性、耐熱性、耐食性、引張強度に優れたモリブデンが含まれる
  • 高級刃物や包丁の刃の部分に使われることが多い
  • もともと鉄さえ切断できる鋼で硬さ強度は説明不要
  • サビには強くない

という特徴があります。

スポンサードサーチ

まとめ

2021年2月にでたばかりの板金鋏メーカーの種光さんの高性能新ダイス鋼SLD鋼2金切鋏のご紹介でした。

SLDでは強度が少し足りないという方におすすめです。種光さんのハイスワールドワンシリーズに比べるとかなり安価でお求めやすい値段になっています。つまりかなりコストパフォーマンスに優れた鋏となっているようです。

板金金切鋏のおすすめと種類の説明はこちらから

有名板金工具のブランドと扱う鋏・掴みと特徴はこちらから

工具カテゴリの最新記事