苗踏みの効果や時期とおすすめ苗踏みローラー

苗踏みの効果や時期とおすすめ苗踏みローラー

農業、特に水稲栽培をしているかたは育苗中に苗踏みをいう作業を行う方もいらっしゃると思います。麦にも初春に麦の苗を足で踏んでいく「麦踏み」という作業があります。

普通にお花を育てたり、他の野菜などを育てている方はびっくりされるかもしれませんね。確かに雑草などは踏まれて強くなるとどこかで聞いたことがあるものの、実際に手塩にかけて育てている作物をまだ苗の時点で踏んでいくのですから。

今回は水稲の苗踏みの方法や時期、効果や使うローラーなどのお話をしていきたいと思います。

年間様々な展示会で農業メーカーの方と話すことが多く、実際に農業器具や資材を扱っている管理人が売筋や営業の方から聞いた話をピックアップします。

スポンサードサーチ

育てた苗を踏む「苗踏み」とは?

苗踏みというのは読んでそのままの意味で、足や板、重さのあるローラーなどで稲の苗を踏んで行くことです。

足で踏んでいく苗踏み
板などで押していく苗踏み
ローラーで踏んでいく苗踏み

このようにやり方は様々ですが、どれも育苗中の苗に重さをかけていきます。

苗踏みの効果とは?-水稲-

正直なぜそんなことをするのかわからないという方も多いと思います。簡単に結論から言うと、苗を強く育てるため。どういうことかといいますと、苗をいじめてストレスを与えるとその刺激で発根を促進するエチレンという植物ホルモンが分泌されます。それによる効果は

  • 発根促進により根張りが良くなる
  • 生長を阻害する物質なので苗が伸びすぎる徒長を抑える
  • 生育が揃う
  • 稲が倒れにくくなり収穫に良い影響がでる

などの効果があります。ただここで注意していただきたいのは上の2つは科学的に説明を受けているのでわかりますが、下2つはあまり科学的には証明しづらいです。

実際に色々な農家さんのお話などを聞くと、「実はそんなに効果を感じていない」という意見もあるようで、無農薬栽培を行っている人の中には苗踏みによって少なからず稲が傷を負うため、そこから病原菌が入るのが怖いからやらないという方までいらっしゃいます。

ただもちろん茎が太くなったとか根張りが良くなったという意見が多く、効果の上の2つのように実際に科学的に説明できる効果もあるので、苗踏みをやる方が大多数となります。

スポンサードサーチ

いつ苗踏みをすればいいのか?時期は?

初苗踏みの時期ですが、早い人だと芽が0.5cmから1cmくらいの頃から苗踏みをはじめるようですが2cmから4cmくらいの背丈からやる方が多いようです。

その後も苗が葉がつくごとにやる人、5日から7日ごとにやる人、毎日やる人など様々な方法がありますが、苗踏みローラーなどを売っているメーカーさんは5日から7日ごとにしっかりと苗を茎から曲げることを意識して一度通過するのみというのを勧めています。

ただ足で踏んだり、板で押し付けている場合は苗踏み具合が足りないことも考えられますので、ローラーとはまた少しやり方を変える必要もあります。

苗踏みにおすすめな苗踏みローラー

足で踏んだり、板で押したりなどで苗踏みをしている方もいますが、やはり一般的にはローラーを使います。やはりローラーでやると作業効率や労力が全然違います。ローラーは塩ビパイプに紐などを付けて自作する方もいらっしゃいますが、一般的にも売られています。

その中でいくつかおすすめの物をご紹介します。

育苗転圧ローラー TR-1000 1250 ケーエス製販

青い台のような部分には伸びてきた苗にはそれなりの重さが必要なため水を入れたペットボトルなどを乗せて重しにします。ローラーの幅が1000mmと1250mmの2種類あります。元々の重さも17kgと19kgとなり女性の方でも使える重さです。

健苗ローラー KBR-15W 美善

こちらは有名な山形の農業資材メーカーと農家さんが手を組み考案した苗踏みローラーで実際に農家さんの意見が入っているため、かゆいところに手が届く商品となっています。具体的には土落としの必要がなく、苗を傷つけすぎず病気を回避する作りになっています。

収納も持ち手が3分割されて短くなるので、場所をとりません。また柄は無段階調整。ローラー幅は1000mmで15kgの軽量となっています。年々改良されていてどんどん使いやすくなっているというメーカーのこだわりを感じるローラーです。

育苗ローラー IR-W1000 1250-50 啓文社

最近サイズ展開が増えて1000mmのJrと1250mmの2タイプがあります。持ちての部分の角度調整が5段階あり、使いやすくなっているという嬉しい機能付きです。16kgと17kgでこちらも軽量で使いやすい重さ!

スポンサードサーチ

まとめ

調べてみるとやるに越したことない「苗踏み」。ローラーを使って転圧しやすくすれば、時間も手間も省略できます。特に健苗ローラーは苗を傷つけずしっかりと圧をかけられる設計でとてもこだわりを感じるローラーでもあります。

稲をしっかりと強く育てるためにも「苗踏み」をやっていきましょう。

園芸・農業資材カテゴリの最新記事