ベランダに来るハト対策とおすすめの防鳥アイテム

ベランダに来るハト対策とおすすめの防鳥アイテム

このブログでも何回か取り上げている鳥による被害の対策。今までは主に農家や果樹園の方向けに対策を書いてきました。が今回は違います。

そもそも普通に街に住んでいる中での鳥による被害、つまり鳥害は鳩がベランダに住み着いて糞だらけになって汚いとかカラスにゴミ置き場を荒らされてゴミが道路に散乱して困るといった事態になります。

農作物や園芸などの作物を守りたい方は以前書いた記事の方が対象となりますので、こちらへどうぞ。

ハトの糞は汚いだけでなく、喘息やアレルギーや病気の媒介ともなり鳩が羽ばたいたり、風が流れるたびにそれらがベランダで巻き上がるという最悪の事態を招きます。また糞は酸性のため金属を腐食させるという厄介なもので雨などでは簡単に落とせません。

そういったことになる前に対策をできるかぎりしっかりしていきましょう。

数多くの建築系の展示会に赴く管理人がメーカーの方や代理店の営業から得た有益なお話や仕入れた情報、とっておきの商品まで自身が働く資材屋での売れ筋や話題を踏まえつつお話します。

スポンサードサーチ

鳩をベランダで見る頻度をまず見極めよう

まずは鳩がベランダにくるという方はどの被害レベルなのか見極めましょう。

  1. よくベランダの手すりに鳩が気づくといる
  2. 気づくと鳩が手すりだけでなくベランダの床にいる
  3. 夕方や夜などに鳴き声が聞こえてかなりの時間ベランダにいるっぽい
  4. エアコンの室外機の下などに巣のようなものを発見。最悪卵も。

どれに当てはまりましたか?それぞれ対策方法が違うので別にお話します。

ベランダの手すりや床に気づくと鳩がよくいる場合

まだ間に合うかもしれません。今すぐ対策をしましょう。正直なところよく昔からあるCDを吊り下げるなどの方法は芸人でいえば一発屋。すぐに動物は慣れてしまいますので効果はほぼありません!

以下の方法を試しましょう。上から手軽な順番に並べてあります。

  • ベランダの手すりや室外機の上などに鳥よけジェルを設置
  • ベランダの手すりや室外機の上などに鳥用剣山を設置
  • 手すりにワイヤーを張って停まらせない
  • 一番効果的ベランダにバードネットを張る

鳩はかなり神経質で粘着質ですが、そのためこの場所が本当に安全か確認を重ねます。ですのでこの時点では対策はむしろしやすいです。鳩に居心地のいい場所を思われないことが必要となります。

鳥よけジェル

鳥よけジェルは強力なニオイを発生させて鳥に近づけさせないようにするものです。設置も簡単に塗るだけ。ただジェル状のものをベランダのどこかにつけるため見た目と触るとベタつきがあるのがデメリットとなります。

下のピーコンの物は評価も高く初期のハト被害にはおすすめです

ピーコン忌避剤 ジェルタイプ
created by Rinker

またハト以外のカラスや小鳥、コウモリなど種類に分かれてジェルを分けているフジナガさんのバードジェルもそれぞれの対策をしやすいです。

BSバードジェル フジナガ
created by Rinker

鳥用剣山

こちらはよく見るタイプの鳥をとまらせないための剣山です。ワイヤーよりも効果的で、簡単に設置できます。ただ手すりに設置すると当たり前ですが手すりが手すりとして使えません。そこがデメリットです。

ただここで注意点。足が短そうなハトですが、実は10cm以上針の長さがないとハトはとまってしまいます。

そこまでしてハトがくるか?と思われるかもしれませんがハトは非常に粘着質!一度見つけた快適な場所を簡単に手放そうとはしません。針が短いと効果なしです。また隙間も2-3cm程度に抑えてなるべく作らず、ハトが飛んでくる側の手すり、室外機の端の側面は足も降ろさせないように隙間なく設置しましょう。

まずはコーユーさんのバードレスマット。プラスチックで施工によってカットもしやすく針も柔軟なためお子さんの安全対策も取れています。

バードレスマット2型
created by Rinker

こちらはステンレスピンタイプで錆びにくく思ったよりは景観も崩しにくいです。狭い場所のスリムタイプと広い場所のワイドタイプがあります。

鳥よけシート ステンレス DAIM
created by Rinker

鳥よけ用ワイヤー

こちらはなんと言っても景観を崩しにくいのがなによりもメリットとなります。また様々な形に臨機応変に対応できる部品も揃っていて角や曲がっている場所などに対応した支柱もあり建物に合わせて張りやすいです。

施工は一定間間隔に支柱を立てワイヤーを張っていきます。ただ素人には設置しにくいのがデメリット。

またベランダの手すりなどに張るのが効果的ですが、すでに手すりを無視してベランダの床までちょくで飛んでくる場合は効果はありません。

バードワイヤー
created by Rinker

バードネット

こちらは施工ミスさえしなければ鳥を100%防げます。ただ施工がワイヤーほどではないですが面倒なのと、マンションなどによっては禁止されている可能性があります。よく確認しましょう。

基本的にはベランダ周りにベースを接着剤などでつけてネットをクリップで挟めこんで張っていきます。少しでも隙間があると執着心の強いハトは入ってきます。

もし張ってもハトなどに侵入される場合は網目や施工方法に問題があります。選び方はこちらの記事に書いてありますので困った場合はお読みください。

またどうしてもだめな場合は鳥専門の業者に任せましょう。

下はフジナガさんのマンション用施工キット。必要なものが全て揃っているセットですので初心者におすすめです。

バードネット ご自宅用簡単対策セット
created by Rinker

スポンサードサーチ

夕方や夜などにハトの声がする、または巣や卵を発見

ベランダの床などに大量の糞や羽が落ちていたり、夕方や夜などにハトの声がする場合は寝床にしている可能性もあります。また巣や卵を発見した場合はもう言わずもがな。

上で挙げた喘息やアレルギーの被害、糞による被害、朝や夜の騒音などありとあらゆる被害があります。

その場合は上の対策方法をしてもハトは執拗に離れようとはしません。糞を掃除しても居心地のいい場所は自分の家とし帰巣本能で帰ってくるのです。とはいえ卵を壊したりハト事態を攻撃すると鳥獣法に引っかかり法律違反となります。すを取り除くことさえ違法となります。

じゃあどうすればいいの?正直このレベルだと素直に業者に頼みましょう。もちろんバードネットという手もあります。ただ施工方法を間違えたりした場合など鳩は執拗に入ってきます。色々お金を使って手を尽くすのであれば業者に頼んだほうが確実で安価ですみます。

ハト対策業者

ただこのような業者は悪徳業者もおおいのでちゃんとしたところにお願いする必要があります。

東証上場企業が運営するWebサービスで日本全国365日受付可能鳩110番 がおすすめです。1羽の困ったから現地調査・お見積りを無料でしてくれお見積り後は追加料金一切なし。

とりあえず無料で見積もってもらうのがいいですよ。お値段は大体20000円くらいからあるようです。ネットを貼るのと同じくらいのお値段です。

鳩の執着心が少ない内に早めに対策しておけば料金も抑えられるでしょう。このレベルではほぼ個人での対策は難しいのでこのようなプロにおまかせしましょう。

まとめ

今回はご自宅での鳩の被害の困ったについてお話しました。

まずは鳩の被害レベルを冷静に見極めてからご自宅にあった対策をしていきましょう。鳩防止対策の商品を買う必要があるため出費がありますが、被害レベルがひどい場合はすぐに業者にお願いしたほうが安くすみます。

間違っても卵や巣、鳩自体を個人で直接手を出すのをやめましょう。鳥獣保護法に引っかかります。

生活用品カテゴリの最新記事