刈払い機につけるジズライザーとは?種類の違いや選び方など比較していきます。

刈払い機につけるジズライザーとは?種類の違いや選び方など比較していきます。

以前草刈の際に気をつけなければいけないことを記事にしましたが、今回は草刈におすすめのお助けアイテムをご紹介します。

草刈機にチップソーにつける安定版のジズライザー。聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか。今回はこちらのジズライザーと種類についてそれぞれの説明をしてみたいと思います。

年間様々な農業系の展示会や大手の農業系メーカーの方と喋る機会の多い管理人が聞いた話や実際に売れているアイテムをご紹介します。

スポンサードサーチ

ジズライザーとは

こちらは北村製作所というところが作っているアイテムで、草刈時に使う道具となりますが、ジズライザーを草刈機につけて草が刈れるわけではありません。

簡単に言うと草刈時に安定して草が刈れるようになる安定板となります。

草刈り機で草を刈る場合、チップソーで刈るかナイロンコードで刈るか大きく分けると2つの方法があります。そのチップソーやナイロンコードに取り付けることができるアイテムになります。

ジズライザー自体は15年近くの歴史があり、安定して使われ続けているロングセラー商品となります。

取り付け方

ナット式、ボルト式のほぼ全ての刈払機につけることができます。

  1. ギアボックスにチップソーをセットする
  2. 本体にセットしたチップソーの抑え部段差にはめ込むようにジズライザーをセット
  3. 付属の4枚の芯出しゲージからボルトの太さに合ったものを一枚選んでセット
  4. しっかりとナットを締め付ける

といった具合に簡単にセット可能です。

ジズライザーを使うことのメリット・デメリット

実に15年くらいの歴史のある製品になるので、いろいろな声が聞こえてきますが、デメリットをあげるとすると

デメリット

  • 効果が感じられない
  • つける分重くなってスライドさせるのがコツが居るので浮かせるほうが楽
  • 消耗品のため買い替えがある

といったものがあげられます。

ただ正直、効果が感じられないとか重くなってスライドにコツがいるので浮かせるほうが楽といった人は最初からジズライザーを必要としていない人ですので使わなくて正解だと思います。また消耗品というのはチップソーも一緒ですね。

では今度は余分にお金を少し足してでも使いたくなるメリットを見ていきましょう。

メリット

最大の特徴はやはり地面に付けてスライドさせながら作業するため、刈払機を浮かせる必要がなく作業自体がとても楽になるということ。地面に滑らせながら草を刈ることを地ズリ作業というようです。

メリットをまとめると

  • 地面につけて這わせて刈っていくので楽に草刈作業ができる
  • ドーム型で角がないため、多少の地面の凸凹でも引っかからない
  • ジズライザー自体の摩耗耐久性があり従来のものより5~8倍あるのでコストパフォマンスがいい
  • 基本的にほぼすべての刈払機につかえて付属品でピッタリセンターにつけれる
  • 草刈り作業の疲れの一因でもある振動吸収性があり振動を減らす
  • 取替時期がすぐに分かるように、取替時期に穴が見えてくるように設計されている

といったメリットがあります。どれも安全や作業の疲労・時間を減らしてくれる特徴ばかりですね。

ジズライザー口コミ

口コミでもキレイに簡単に草刈ができるようになったというものが多く聞かれます。

・シズライザーを装着しての除草作業は、肉体疲労が軽減出来ました。さらに耐摩耗性の高い素材に改良してもらいたい。
・取付時にチップソーのセンターが少し取りずらい所があり、もう少し遊びがないほうが良いと思いました。使用した感想はスムーズに作業が出来、期待通りでした。
・このタイプの安定板を使い始めてから、刈りむらが出来にくくキレイに刈れるようになり重宝してます。また、軽いのであまり負担になりません。
・今までは、そのままで使っていたが、今回初めて購入した。結果的にはなかなかいい感じです。地面を草刈り機が勝手に走る(スムーズに移動)して草刈ができるという感じがしました。
・刈り払い作業に地面を滑らすのがスムーズで楽に作業できるのが良かった

モノタロウさん口コミより

スポンサードサーチ

ジズライザーの種類とそれぞれの特徴

ジズライザーは大きく分けるとチップソーにつけるタイプとナイロンコードにつけるタイプに分かれます。それではそれぞれ特徴をご紹介していきます。

チップソータイプ

ジズライザースタンダード ZAT-H20A

直径10cm 厚さ2cm

ロングセラーのノーマルタイプ

ジズライザースタンダード プロ ZAT-H18A

直径8cm 厚さ1.8cm

ジズライザーシリーズ最薄の厚みでジズライザーとジズライザーフィット60のいいとこ取りの商品。地摺りもちゃんと安定!草を短めに刈りたい方におすすめです。

ジズライザースタンダード フィット60 ZAT-H20A60

直径6cm 厚さ2cm

ジズライザーの中で一番小さく、そして軽いものとなります。狭くてシビアな刈り取りに便利で、また直径が小さいため全体的にきれいに細かく草刈をできるものにもなります。荒れ地や森林など狭い場所に特に使えます。

ジズライザースタンダード ワイド ZAT-H30A120

直径12cm 厚さ3cm

ノーマルのものより一回り大きいジズライザーとなります。大きくすることで地面の凹凸の無駄な引っかりをなくし、素早いスイングをしやすくなります。畦畔地や畦などに特におすすめできるタイプです。

ジズライザー ハイ50 ZAT-H50AA

直径15cm 厚さ5cm

最近話題の草刈方法「高刈り」に最適なジズライザー。根本から5cm位をのこして刈る事ができます。ドーム型が大きいため多少の凸凹の引っかかりを極端に少なくし、素早いスイング可能です。

高刈りについてはこちらにまとめています。

ナイロンコードタイプ

こちらはナイロンコードを使う場合に使用できるジズライザーになります。ナイロンコードは回している一番先端で草を刈っていくので、中心部などに草が当たるとどんどん切れが悪くなり刈りにくくなります。そのようなことにならないように先端以外を保護する役目も果たしています。

ジズライザー エアードライブ240・180 ZAT-H35B

240 直径24cm 厚さ3cm

180 直径18cm 厚さ3.5cm

チップソー・ナイロンコード兼用タイプ

今度はチップソーにもナイロンコードにも使える上に、さらにチップソーもナイロンコードも両方同時に使えるようにできるという3つの使い方ができる兼用タイプです。

ジズライザーエアー ZAT-H24B

直径10cm 厚さ2.4cm

刈刃ナイロンコードの両刀使いができるタイプ。

ジズライザーエアー ハイエアー50 ZAT-H50B

直径15cm 厚さ5cm

重宝使える高刈りに最適なジズライザーエアーです。状況に応じて使い分けられます。

ジズライザーエアー プロエアー ZAT-H24C

直径8cm 厚さ2.4cm

ジズライザーエアーシリーズのプロタイプです。小型軽量でキレイに草刈を仕上げます。

ジズライザーエアー ラクエアー ZAT-H30D125MA

直径12.5cm 厚さ3.6cm

なんと面倒なナイロンコードの扱いをカートリッジ式というアイデアで解消!ジズライザーにセットするだけですぐに使えます。ナイロンコードが摩耗しても半周させてまた出すだけ。ナイロンコードの巻取りがないだけでこんなに楽になります!

ジズライザーの選び方

さて、ジズライザーを紹介してきましたが、ぶっちゃけ自分にあったものがわからないと言った方は以下の基準を元に考えてみましょう。

  • 基本的に直径が大きければ大きいほど、地面などに引っかかりづらくなり安定化する。
  • 小さければ小さいほど草の背丈をキレイに合わせることができ、細やかな刈丈調整をしやすい
  • 板が厚ければ厚いほど、石はねやチップソーの食い込みがしにくくスムーズに地摺りができスピードも効率も上がる。
  • 板が薄いと単純に草刈をしやすい

またスタンダードタイプのみですが、摩耗の耐性の順番も公表されています。摩耗耐久性がある順番に並べると

  1. ジズライザーワイド
  2. ジズライザーフィット60
  3. ジズライザープロ
  4. ジズライザー

の順番になっています。ただ一番耐久性がないノーマルのジズライザーでも従来のものと比べると5~8倍の耐久力があるようです。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。昔から売れ続けているロングセラー商品のジズライザー。管理人がいる資材屋でも毎日沢山の枚数が売れています。もちろん一番売れているのはノーマルタイプのZAT-H20Aですが、エアーシリーズも徐々に認知し始めているのか、年々でていく数が増えています。

少し先端が重くはなりますが、まだ使ったことない方はジズライザーを試してみることをオススメします。値段もお試ししやすいお値段ですので。苦しい草刈が少しでも楽になることを願います。

そして小ネタ情報を。こちらは実はメーカーによりネットでの販売価格が一定以上下がらないようにされているため、あまりバラツキがないはずですが調べると結構ありますよね。実はメーカーによってはそういった決まりが結構でてきています。

いくらがその価格なのかはわかりませんが、安すぎるところはメーカーとの規約を破っている可能性もあります。管理人としてはインターネットだけでなく全国小売価格もそうしてほしいと思います。

草刈時の注意や必要な道具などはこちらの記事へ

畦や畦畔地ではなく水田の除草はこちらの記事へ

ジズライザーとセットで使いたい管理人超おすすめのチップソー

園芸・農業資材カテゴリの最新記事