苗箱運搬の軽トラ用苗ラックコンテナ各メーカー比較とおすすめ

苗箱運搬の軽トラ用苗ラックコンテナ各メーカー比較とおすすめ

ハウスで手塩に育てた苗。それを田んぼまで運んで植えていくわけですが、大量にある苗箱を皆様どう運んでいますか。多くの方は軽トラなどで運んでいると思いますが、その際一度に大量に運ぶことができる棚があります。

稲作の農業従事者ならほぼほぼ使っていることかとおもいます。それは苗コンテナ。今回は苗コンテナまたは苗箱収納棚と呼ばれる軽トラようの苗ラックのお話です。

これから買おうと思っている方や検討している方に苗箱コンテナの種類やメーカー、どれくらい苗箱を積めるかをお話していきます。農業資材を取り扱う資材屋で働く管理人がよく売れているものをおすすめいたします。

スポンサードサーチ

苗ラックコンテナのメーカー

実は苗箱コンテナは基本的にスチールで作っているものとアルミで作っているものがあります。ただ、スチール製のものはほとんど人気がありません。 アルミ製のものは、スチール製のものと比べて重さも約半分!しかもサビに強く堅牢で車への積み降ろしが楽に出来ます。組み立てするのも早くて楽。ですので、今回はアルミ製のものに限ってお話します。

アルミ製の苗箱コンテナを出しているメーカーはいくつかあります。昭和ブリッジさん、アルミスさん、ケーエス製販さん、ホクエツさんなどがあります。どれも農業従事者であれば聞いたことのあるメーカーばかりですね。

正直どこのメーカーだからどう、という特徴はそれぞれありません。簡単に言えばアルミスさんは輸入なのでかなり安めに手に入りますし、他のものは国産でしっかりした作りをしているので丈夫です。

苗ラックコンテナの種類

こちらは大きく分けると2種類しかありません。水平タイプ斜めタイプ。それぞれ苗箱を水平に入れて陳列するか、斜めに陳列するかの違いしかありません。

苗ラックコンテナ 斜めタイプ

こちらは写真を見ると分かる通り、棚が谷間を作るような形になっており中央に少し傾けて苗箱を陳列し運んでいく苗コンテナとなります。

メリット

  • 軽トラなどで運んでいるときにカーブなどがあっても苗箱が落ちにくいため、安全に運ぶことができる。

デメリット

  • 斜めにして運ぶため、中の苗がズレて中央によってしまう。そのためトラクターに乗せるときに形が変形して乗せづらい。
  • 水も中央に流れるため、長時間運ぶ場合苗が耐えられず弱ってしまう場合がある。
  • 運搬用にしか使えない(常に斜めにしておくことが苗に良くない)

苗箱ラックコンテナ 水平タイプ

こちらは斜めタイプを対して、苗箱をそのまま水平に並べていくラックです。ただ苗箱の積み下ろしが楽なため、全体的にこっちのほうが人気です。

メリット

  • 苗箱が水平なため、水や苗が傾くことなく、形が変形しない
  • ハウスや田んぼで苗箱の積み下ろしが楽
  • 育苗棚としてそのままハウスで使っている方も

デメリット

  • 軽トラなどで輸送中、遠心力などがかかると斜めタイプよりは苗箱が落ちやすい

基本どちらのタイプも軽トラなどで運ぶ際はしっかりロープなどで固定し、安全運転をするので落ちるという話は殆ど聞いたことはありません。ですので水平タイプを選ばれる方が8割といったかたちになります。

スポンサードサーチ

苗箱ラックコンテナの比較

正直なところ比較と言ってもどれも殆ど変わりません。なのでやはり国産か輸入品でいいのか、とお値段だけになってくると思います。あとは入れられる苗箱の枚数。どのメーカーもほとんど一緒ですが、枚数で選ぶのも手かと思います。ただそう言っても比較はしてみたいものですので、それぞれ見ていきましょう。

苗コンテナ 斜めタイプの比較

アルミス製 アルミ苗コンシリーズ AJ

一度に大量の苗を軽トラック等に積載し時間と労力を非常に軽減できます。高強度アルミを使用し、スチール製に負けず劣らずの強度と軽量仕様。

積載苗箱数は40,60,80,96枚から選べる

昭和ブリッジ製 苗箱収納棚 NC-K

運搬時に持っtも力のかかるジョイント部部に高強度のアルミ材を使用し、横揺れや縦揺れにもびくともしない頑丈さ!専用金具でワンタッチ装着も可能。軽トラにピッタリです。ちなみに昭和ブリッジさんはアルインコさんの関連会社です。

枚数は40枚と60枚

ケーエス製版 傾斜型アルミ苗コンテナ KS-VA

工具不要・スピーディーに簡単組立。強度を従来型よりアップ!新潟で有名な農業資材メーカーです。

苗コンテナ 水平タイプの比較

アルミス製 アルミ水平式育苗棚 SH-NS

育苗と運搬のマルチに使える苗コンテナです。

昭和ブリッジ製 苗箱収納棚 NC

こちらは昭和ブリッジさんの水平式のタイプになります。国産でしっかりした作りと丈夫さが売りです。ただ少ない枚数のラインナップがありません。

ケーエス製販製 軽トラ用水平アルミ苗コンテナ KS-AL

こちらはケーエス製販さんの軽トラ用の苗コンテナの水平タイプです。120枚の苗箱が入るのはなかなかないです。ラインナップが多いのが売りです。

ホクエツ製 アルミナエコン AHL

アルミ製でサビに強く堅牢で車への積み下ろしが簡単!平積みで苗を痛めることがないように棚間隔を140mmにし苗に優しい設計になっています。田植え時の快適作業を応援します。本体は低重心設計で安定性抜群、オールアルミなので軽量です。工具無しで、組み立て、分解ができるので保管もしやすい

番外編・平積みナエコン LN ホクエツ製

いままで各社が出している、水平棚タイプと斜め棚タイプをご紹介してきましたが、実はホクエツというメーカーは平積みという面白い積み方ができる軽トラ用苗コンテナがあります。

ホクエツさんのカタログより抜粋

またLN用ハンドルを使うと積み込みも簡単にできます。

スポンサードサーチ

まとめ

以上有名メーカーが各社だしていう苗コンテナでした。正直どこのメーカーがどれに特化しているというのはありません。ただ1番頑丈な感じがする昭和ブリッジさんや組み立て分解が楽なホクエツさんはすこし他より違うものをもっている感じはします。苗コンテナはたしかに年に一度しか使わないものですが、作業性があがるのも事実で毎年かなりの数が売れています。使っていない方はこの機会にご検討いかがですか。

園芸・農業資材カテゴリの最新記事