失敗しないアルミブリッジの選び方とおすすめ!

失敗しないアルミブリッジの選び方とおすすめ!

農機器や建機、小型重機、はたまたバイクなどのモーターサイクルをトラックなどに載せて運ぶことは農業や建築の世界や趣味の世界ではよくあることですよね。その時のバンや軽トラなどに機器を運び入れるのはどうやってますか。
ほとんどの方はアルミブリッジというアイテムを使っていることと思います。
ただ実はアルミブリッジは種類が多く、どの機器にどのブリッジを使うのかが決まっています。
知っていても、

・ぶっちゃけどれをどうやって選べばいいの?
・自分の運びたい機器はどれを使えばいいの?

と思う方は多いはず。

多くの展示会にいき最新の情報を見て回り、様々な農機具・建築器具メーカーよりお話を聞く機会のある管理人が、おすすめできるアルミブリッジの選び方についてご説明します。

スポンサードサーチ

アルミブリッジの失敗しない選び方

アルミブリッジを選ぶ際に必要なことは下記の点です。

  • 何を運びたいのか?除雪機なのか農業機器なのかなど
  • 運びたいものの総重量
  • 運ぶ軽トラや車のブリッジをかけるところのかみ合わせ
  • 必要とするブリッジの長さや幅
  • 運びたい機器のタイヤの種類

上記の点を考え選んでいきます。選択していくと自然に絞られてくるという感じになります。

最初に一つ小ネタとなりますが、これがわかればアルミブリッジが一気にわかりやすくなりますので、覚えてください。まずは次の型番を見てください。

SBA-180-25-0.5

こちらただの型番でなくちゃんと見方があります。最初のアルファベットSBAがメーカーの型番、次の180というのが長さ。次の25が有効幅、そして0.5というのが2本での積載量となります。下の図にその見方を貼っておきますので、御覧ください。

アルインコさんのカタログより抜粋

ただ基本的な見方になりますので、たとえばアルインコさんが出しているSAというシリーズ。こちらは昭和ブリッジさんのアルインコさん別注モデルとなりますので、少し見方が変わってきます。長さの場所を10倍すれば実際の長さとなります。そういったものもあるのでご注意ください。

何を軽トラックや車に乗せて運ぶのか

大きく分けると何を運ぶのかは 農業機械、建設機械、オートバイの3タイプから選ぶ形になります。だいたい商品説明にそれは乗っているので、これは比較的ん簡単に見極めることができます。基本的には農機具アイテムという感じがするアルミブリッジなので農業機器に対応しているものが多くあります。

昭和ブリッジさんのカタログより抜粋

例えばこれを見ると、農業機械に適してるのがわかります。左上にある乗り物のマークはコンバイン。コンバインに最適と言うことですね。このように説明を見て自分の運びたいものにあっているかどうか見極めましょう。

運ぶ機器の総重量

こちらも簡単上の参照を見てもわかるように、”最大積載総重量”という形で書いてあります。アルミブリッジは2本セットの場合が多いので、この場合は2本で0.5tまでのものを乗せることができるということになります。ただたまに1本の販売もあるので、そちらはよく確かめましょう。

運ぶトラックや車のブリッジをかけるところのかみ合わせ

アルミブリッジを全く知らない人は何を言っているのかわからないでしょう。ここで再び上記の昭和ブリッジさんの画像を見てほしいのですが、フック形状というのがあります。

こちらは大きく分けると各社言い方がありますが、ベロタイプとフックタイプの2種類あります。何が違うかといいますと下の図を御覧ください。

簡単に言うと、 アルミブリッジを受ける金具が付いている場合はフックタイプ(またはツメタイプ)、ない場合はベロタイプを使うことになります。ベロタイプは受け金具がないワンボックスカーなどにも使えるうえ、引っ掛ける場所とトラックの隙間がないため乗り降りしやすくなります。

ブリッジの長さの選び方

こちらも悩む場所に一つですよね。いろんな長さがあるけど、どうやって選んでいるかというと、簡単な計算で出せます。運搬する車の荷台までの高さを3.5倍すれば必要な長さとなります。ただ勾配の角度は16度以内が推奨です。

ちなみに軽トラの荷台高さはだいたい650~700mmまでとなります。そうなると210~240のサイズを選ぶことになります。

次に有効幅ですが、運びたい機器のタイヤ幅、クローラー幅がアルミブリッジの有効幅のマイナス50mm以下のものを基本的には選びます。ある程度幅にも余裕がないとフレームに機器の荷重が局所的にかかり折れてしまうこともありえるのでご注意ください。

運びたい機器の足回り

今度は二台に載せたい機器の足回りがなにか見極めましょう。鉄シューなのかゴムクローラーなのか、小型のタイヤなのか。それによって選ぶものは変わってきます。例えばキャスターや小型のタイヤの場合はしごのようなブリッジだとタイヤがハマってしまいスムーズに乗せたり降ろしたりができません。ではそれぞれ特徴を見ていきましょう。

通常はしごタイプ(農業機器など)

こちらはスタンダードなタイプで基本的な形状です。小型建機から農業機器などにつかえるタイプです。農業機器全般に!という形でアピールしているものが多いです。

表面突起タイプ(除雪機、田植え機、動力自走噴霧器など)

こちらは表面上に滑り止めがあり、その滑り止めも水抜け穴になっています。タイヤが濡れる事が多い機器などに特におすすめのできるタイプです。またはしごタイプではないので、小型タイヤやクローラーなどもおすすめ。

バイク用アルミブリッジ

こちらのようなバイク用のものは基本的に1本売りとなりますので、ご注意ください。タイヤが滑らないように滑り止めがしっかりタイヤをロックするため乗せたり降ろしたりしやすいです。

鉄シュー・ゴムシューのクローラー用

しっかりシューごとに引っかりクローラーをロックする専用のアルミブリッジ。かなり特殊な部類で受注生産なことが多い。

番外・あぜこし用ブリッジ

こちらはコンクリートの段差やあぜとあぜの間を越えるためのものです。基本的に短めですが耐荷重はかなりあります。選び方などもフックを気にしないで選びます。気にするのは越したい間隔の長さと耐荷重ですね。

スポンサードサーチ

まとめ

上記で上げた方法で消去法でアルミブリッジを探していくと、そこまで種類は多くなくなってくるので、その中から予算と相談して選びましょう。作っている場所が国産のものや中国産のものなども判断基準となります。安いシンセイさんやアルミスさんのものは中国輸入系ですね。アルインコさんの別注もある昭和ブリッジさんのものや有名な日経アルミブリッジさんも国産で長谷川工業さんのものも長谷川工業さんで作っているものではありませんが、国産のはずです。

また

  • 2本のブリッジに平均に荷重がかかるような状態で使う
  • 湿地・泥沼・起伏がある場所で使わない
  • 坂道など勾配のある場所でも使わない
  • ブリッジのフレームの乗り上げないように気をつける
  • ブリッジの上で急停止・急発進をしない
  • ブリッジをセットしたままトラックを動かさない。

など注意事項もありますので、使用上の注意をよく読んで使いましょう。

園芸・農業資材カテゴリの最新記事