誰しもが推薦してくる街・ポルト!

誰しもが推薦してくる街・ポルト!

ルーゴからサンティアゴへバスで向かい、そこからさらにバスを乗り継いでポルトガルのポルトへ。

いきなしの大雨に迎えられて意気消沈…雨の中なんとか宿へ。

Pilot hostel
住所: Largo Alberto Pimental 11
一泊12ユーロ、Wi-Fiはロビーのみ、シャワーたまにぬるい、朝食、夕食別途料金であり
と言った感じ。

さて1日目は雨に振られて体調も風邪気味だったので宿で大人しくし、次の日午後から晴れてきたので街歩きへ。

e05eff53.jpg

もう会う人会う人が

ポルトはイイ!なにがいいのか説明できないけどイイ!

っていうのがわかります!

なんか街全体がレトロでポルトガルの建築物特有の?タイルが貼ってあるのが情緒があって雰囲気がいいんですな

駅のタイル

0c49f5cc.jpg

世界に3番目にきれいな本屋。ハリーポッターのどっかのシーンのモチーフにもなったみたい。ただ撮影禁止(月曜から金曜の朝9時から10時の間のみ許可されるみたい)

とくにコレがイイ!ってものはなくても散歩でトイカメラなんか持ってたら一日中歩きまわってられる街。

可愛らしい家々があったかと思えば厳格なカテドラル!

7524583f.jpg

この橋も有名な橋らしいです。

fdd684b8.jpg

さて本題?へ。
お酒好きの皆様ならば知っているでしょう、ポルトといえば…

3大酒精強化ワイン(アルコールフォーティファイドワイン…だっけ?)の一つがこの街で作られています。その名もポートワイン!

ワインの発酵を途中でブランデーを加えて止めて、そのおかげで普通のワインよりアルコールも高く、そして糖度も高いお酒が出来上がります。甘くて食後にピッタリのワイン。僕も日本では日常的にお世話になっております。

まずはお金を払って試飲ができるPortoCruzという会社へ。

9c28bbfc.jpg
29e5959d.jpg

まずはDalva lote MSCという銘柄を

かりん酒?甘い芳香、しろーと目にかりん酒と同じ後味…最初のインパクトは甘いけどくどくは無い感じで飲みやすい。ただ空きっ腹には少しきつい…どちらにせよデザートワイン。良くも悪くも白ワインという感じは無い。

次はルビーポートのビンテージ2011

香りは赤ワインを甘くした感じ、白に比べてねっとりとくるフルーティな甘さの後に赤ワインの渋みが少しくる感じ。

この時点で結構疲れも溜まっていたからか出来上がってしまってます。なのに、よせばいいのにもう一軒!

73cf9faf.jpg

なんとSande man!!!!

ポートワインと言ったらサンデマンが世界で1番有名ですよね。
工場の見学をし、英語なので少し理解しつつ

試飲へ!

まずはホワイトポート!白のポートは初めて飲みます!
スッキリ甘い白ワイン感じあり、においにみりんみたいな感じあり、ドライとはいえやっぱり甘いデザートワイン

次にレセルバ。ルビーポートのちょっとイイヤツ(笑)
まろやかだけどスッキリした甘さがえる。少し枯れた感じは長いこと樽にはいっていたから?でも甘いデザートワイン。

この4本を飲みかなりグラグラ(笑)

その勢いでなんとポルトの名物のマス料理を20ユーロでレストランで食べる!(笑)

e62043cd.jpg

美味しかったですけど、20ユーロ…高っ!

しかも風邪気味だったのが悪化(笑)そしてその夜なぜかの寝れないで不眠!
なんこ最悪の1日に(笑)

まぁポートワイン試せてよかったか…??

世界一周ブログカテゴリの最新記事