東欧のトモダチ

東欧のトモダチ

タルノヴォから32レフだったかで3時間くらいでブルガリアの首都・ソフィアに到着!

ソフィアの安宿は
Nightingare Hostel
住所: 8, Budapeshta St, Sofia.
1泊6€、Wi-Fiあり、シャワー◎、朝食あり(なんかシリアルっぽいのだけ)、ほぼ中心地のため、立地がいいてな感じ。

正直歴史的建造物だとかリラの僧院とかはドーデもよかったのですが、ここには二年前イタリアのシチリア島で仲良くなった?ベニというブルガリア人が住んでいるので、せっかくだから会いにきました。

とりあえずついたその日の夜にお勧めのブルガリア料理のお店へ。

d8f62fdf.jpg

タラトールというブルガリアの名物スープです。

ヨーグルトにきゅうり、にんにくを入れて作る冷静スープ。想像するとまずそうですが、意外にうまいという不思議!

そしてビール嫌いの僕でも意外に飲みやすいブルガリアビール。(ビールの味に慣れただけかも)

その後夜の街を案内してもらって、

次の日は街をガイドしてもらいました。そのときベニの友達も2人着てくれたのですが、やっぱりブルガリアとチリじゃあぜんぜん初対面の対応が違う(笑)

チリだと友達の友達だと、初対面でハグ&キスですが、ブルガリアは握手、そしてたまに名前も名乗らない(笑)警戒しているのか、一歩引いた感じです。

とりあえず、ハイライトのアレクサンダル・ネフスキー寺院

そしてなにげに気に入った聖ゲオルギ教会。

なんか建物に囲まれた空間にあって、しかもかなり古い建物みたい。

9fee1a5a.jpg

ほかにも駅前にある小さな教会とかソフィア大学とか行きました。

542fa92d.jpg

みなさん英語が堪能なのでいろいろ説明してくれるのですが、僕がわからん(笑)ベニに至っては英語、スペイン語、イタリア語しゃべれて今度ドイツ語勉強するとか何とか…ちなみに大学卒業したばかりです。しかもスペイン語を武器に就職したそう。どんだけだ。

でも英語もまったくわからないブルガリア人も少なくはないので今の若い人の文化なのかな?

次の日は朝から有名なリラの僧院に向かいます。

一日10:20の一本しかバスがないので早起きしていったら一時間前にバス停について暇すぎた…

3時間かけリラ僧院へ

0181ae09.jpg

ユネスコ世界遺産登録もので綺麗なフレスコ画が売りです。

c9265483.jpg

9bc31470.jpg

帰りのバスは3時なのですが、すぐ見終わっちゃうので時間を持て余しちゃいました。

そして帰って深夜の便でルーマニアのブカレストに向かうチケットを54レフで購入。

そして時間があるので、ベニと日本食レストランへ。寿司ばかりが日本食でないことを教えてあげねば。

しかし箸の使い方が下手!!(笑)ベニも常時

ふがぁぁぁぁぁぁ!!!!

とか言ってました(笑)最終的に味噌汁もレンゲで飲み始めるし…まぁほうれん草の胡麻和えとか天ぷらとか(ちょっと味はいまいちだった。味噌汁としゃぶしゃぶサラダは美味しかった)いろいろ日本食を教えました。

でも梅酒がいちばんのお気に入りだそう(笑)

そのあと店を変えてビール飲んでたら、ヤヴァイ時間に!!いそいでバッグを取ってバス停に向かいました。

ベニも

あっ、終電ない…

とか言って違うトラムへ向かい、せわしない別れに(笑)

まぁいつか日本に来てくれ~本物の寿司ってものを教えるから!

さてせわしなく東欧の旅は次ぐ来ます。

世界一周ブログカテゴリの最新記事