中東まとめ2

中東まとめ2

トルコをでて中東のまとめに行きたいと思います。

まぁ今回はイスラエルとトルコ、イランだけなのでアルメニアとグルジアもプラスで。

全て込み込みで多分20万ちょっとしか使ってません。

イスラエルの往復飛行機入れて23万位かな?まぁ2ヶ月いかない位でそれ位しか使ってないので、中々安く済んでいると思います。

さて中東と聞くと危ないイメージがつきまといます。

テロに戦争、宗教などなど。ただ行ってみると思ったよりそれらを感じませんでした。

中東危ない=ムスリム危ない、みたいな感じがありますが、

実は世界の人口の5分の1がムスリムだったりするそうです(実際はもう少し少ないと思う。多分イランとか人口まるまるムスリムってことにしてると思うけど、友達みたいに隠れキリシタンもいるし)

その中で過激派と呼ばれる人達が危ないんですね。しかもムスリムを口にしてても実際はお金の為にしか動いてないってのが現状。アルカイダがアメリカに作られた組織なのは有名ですが、いま話題のISISってのもアルカイダの枝分かれだとか。

イランはそういった危ない人達が多いイラクやアフガニスタンに囲まれている国。
ですが数々の美しい建物があり、特にシーラーズは七色のモスクがあるのでほんとにおすすめ!!
ただ破壊的にご飯がまずいのが欠点(笑)


トルコはイスラム国でもイスラム国っぽくはない国。もちろん頭にスカーフを巻いた女性もいますが、普通にしている女性も数多くいます。
物価は高いものの、人懐こくて、たまにめんどくさいトルコ。綺麗な海歴史的遺跡、パムッカレなどの神秘的な自然など旅するにはかなり楽しい国です。
ご飯も美味しいですし。

ただケバブはなぜか他の国のほうが美味しいっていう(笑)


イスラエル。ここは少し異質な感じ。これほど宗教に熱心な国はないでしょう。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地があって、それぞれがいがみ合ってる。
いつ内戦が勃発しても不思議ではありません。
またパレスチナ問題も抱え、てかイスラエルが攻撃し過ぎで各国から非難の声がイスラエルに集中しました。
特にエルサレムはいまだにキリスト教とイスラム教の聖地をあわよくば奪い返そうとしているそう。
たくさんの見所があるので、はやく平和になってほしいものです。
まあ見た感じはただ平和なのですが・・・パレスチナの方に行かなければ。


さて基本みんな陽気でたまにウザい感じの中東の人達(笑)

ファッションも女の人は黒い布に包まってるだけのイメージですが、国によっては色んな色のスカーフがあり、黒でも同系色の刺繍が色々施してあってかなり綺麗なものや可愛いい感じのものまであります。

しかも服屋には何気にタンクトップやキャミソールなんかも売ってますし。

でも基本中東のファッションの中心はトルコ!ブルガリアやルーマニアも何気にメイドイントルコが多い感じです。ブルガリア人はトルコ人の事嫌いみたいですけど。まぁ日韓やチリ、アルゼンチンみたいな仲かな?気にしてるよーな気にしてないよーな。

トルコは何気にファッションブランドが多くZARAなんかもメイドイントルコが多いみたい。同系列のBarshkaもトルコに多いです。
そして女性ものは知りませんが男性ものは僕好みのデザインが多い感じ。シンプルだけど同系色の切り返しや裏地がおしゃれだったりと、見えにくいオシャレがあるのでとても惹かれます。
LC WaikikiとかKoTonとか中々安くて良いデザインが多いのでトルコに服買いに来るのもありだな~と。

ただ旅中の身なので買えないのが辛い…

まぁそんな感じの中東。

そしてアルメニアやグルジアは安いし自然が多いので中東の荒野感(トルコ以外)から来るとリフレッシュできます。ある意味。美人も多いし。もちろん中東も美人が多いですが、露出を控えないアルメニア、グルジアはかなり激しい露出の印象な訳ですので(笑)

さてあんままとまってませんが、東欧編始まります!

旅まとめカテゴリの最新記事