イラン脱出!アルメニアへ。道中最悪自体発生!

イラン脱出!アルメニアへ。道中最悪自体発生!

イランのタブリーズのテルミナル・マランというバスターミナルからジョルファへ行き、そこからメイクリという国境の町までバスが出ているという情報をホテルの叔父さんの友達から得て、次の日テルミナル・マランへ。

すると…


今日は祝日だからジョルファ行きのバス無いよ

の一言で撃沈!(笑)

ラマダンが終わったきょうは祝日らしいですね、どーやら。
ホント、イランの旅はタイミングが全て悪し!

なので乗合タクシーでジョルファまで行きました。1時間半位で100000レアル。一緒に乗ったイラン人も同じ金額を払っていたので妥当な金額だと思います。
そして其の運転手がメイクリの国境まで400000レアルで行くというので、もうめんどいので頼んじゃいました。バス本当にあるか怪しいし…

国境まではまたも1時間半位かな。
メイクリの国境↓

16b749b8.jpg

国境について、イラン人達は銀行になんらかの料金を払ってましたが日本人はそのまま出国出来ます。
アルメニアのお金もここで両替出来ますが、僕は出来ませんでした。

もうアルメニアドラムが残ってないそう。まぁ国境にバスが2、3台泊まってて皆両替してましたしね。ドルを持っていたのでアライバルビザは買えるし。

64002ac7.jpg

国境の中心が橋のカラーがイラン国旗カラーと殺風景なカラーで分かれていました(笑)

そこから歩いてアルメニア側のイミグレへ。ビザ申請用紙を書いてお金を払ってビザGET。スタンプを貰いイミグレにATMがあったのでレートわかんないけど幾らか下ろしました。

これがとんでもない間違いに!

運良くテヘランからエレバン行きのバスが来ていたので、話していたイラン人が紹介してくれてエレバンまでバスで行けることに。(朝の11時位でした)
ラッキーと思っていましたが、結果最悪な事態に!

まず誰もアルメニアドラムのレートがわからない。20USドルを払わなきゃいけないところを事前にレートを調べてなかった僕は言われるまま、20000円位支払ってました!イラン人もレートがわからないので誰も変な顔せず!
(多分運転手だけがレートを理解していた。後で、本当に払ったの?とか聞いてきたしニヤケ顏で。やられた)

しかもそのままイラン人達に勝手に両替され、其の時点で15000円近くのアルメニアドラムを40USドルで交換…

はぁー、マジでレート事前に調べておけばよかった…タブリーズにWi-Fiなくて何もしなかったわ…

ということで完全な自分のミスでお金失いました…交換したイラン人は後でレートおかしい!足りない!ってケンカ腰出来たので、本当に知らなかったと思う。
そんときもイミグレで仲良くなった人が仲立ちしてくれて丸く収まったけど。てか勝手に両替しておいてキレんなよ(笑)勝手に人からサイフとってお金取ってドル渡して来たくせに。

そしてバスはエレバンへ向かいますが、イランから出て開放的になった若者イラン人達が騒ぎ始めます。お酒も飲めるし、女の子は薄着だしでハイテンション!

しかも絡んで来てめっちゃウザい!
日本では中学生以下しか喜ばないエロ画像を仕切りに見せて来てウザすぎました。

しかも音楽に合わせてバスの中で何人か踊りはじめます。まぁ見てるだけならいいのですが強引にそこら変のやつを巻き込み迷惑。

あまりにしつこかったので、

男じゃなくて女誘えよ!

と怒ったら、

イランは女の子を誘えない法律だ

とか言ってます。つか酒のんでんだろお前ら…(イランはお酒も禁止)

しかも酔っぱらい、人の顔にキスをして来ました。
やめろと怒ったら一旦引いたのですが、寝てる間に2度もして来たので、1,2回目は声をあげて怒り、3回目はくちびるにして来たので、頭真っ白になって、生まれて初めて人の顔を思いっきり殴りました。(こっちは座ってたから痛くないはずだよ
仏の顔も三度までってヤツです。

さすがに怒ってるのがわかったのか、それ以上は関わってきませんでした。


迷惑にもほどがあんだろ!ウザすぎる!

後で色々助けてくれたイラン人も

ごめん、恥ずかしい。あれらはイラン人の中でも最低の部類だ

って言ってました。
ホントうざかった、そしてエレバンのホテルに着いてからレートの間違いに気づき2度落ち込んだ日でした…


本当に最悪…

んでもって、アルメニア編開始。

世界一周ブログカテゴリの最新記事