街自体がサウナ…

街自体がサウナ…

バムからバスで120000レアルと7時間。
バンダル・アッバースについたのは午前2時過ぎ・・・
てかもう少し時間考えてバス時間作ればいいのに。

バスの中は氷河期か?ってくらい寒いのにバスを降りた途端、いままでイランで感じたことのないものすごい湿気を帯びた暑さがブワッと襲ってきます。

何もしてないのに、ダラダラと汗が出てくる。

その中でバス停で、というよりバス停の外で野宿…
周りには大きなドブネズミが走り回ってるし、なんか臭うしで結構厳しい状況で寝ざるを得ませんでした。

なんで宿を取らないかというと、この日のうちにバンダル・アッバースを出る予定だったので、宿を取るのもお金の無駄かな?と思ってです。

とりあえず、朝の7時位からバスチケットカウンターが開き始めるので、エスファハーン行きのチケットを250000レアルで買いました。午後7時半の出発なのでそれまで街歩き。
バス停からシティのセンターまで50000レアルでした。

ここバンダル・アッバースは何が有名かというと、なんとここの女の人は暑くてもチャードルという長めのスカーフや普通のスカーフで髪を隠しているというイスラムのスタンダードのスタイルにプラス、仮面をしているそうなのです。

ただあるけどもあるけども、そんな女の人はいません…

393282e6.jpg

とりあえずペルシャ湾。

a38773e7.jpg

その昔、七つの海といえば、インド洋、ペルシャ湾、アラビア海などのアラブ近辺の海をそう呼んだそうです。

金曜だからなのか、お店もバザールもショッピングセンターもクローズ。(イスラム圏は金曜が休み)
なんかタイミングの悪い時にきたみたい…

ショッピングモールで涼もうをしたのにクローズだったので、階段で座っているとショッピングモールの警備員に声をかけられ、なぜかの中に入れてもらって、お茶やご飯を御馳走になったり、ドバイにいける船着場で木陰で休んでいると、若いイラン人に絡まれて、イランの歌だ!といってCDもらったり、相変わらずイラン人は人懐っこい(笑)

ぐるぐる回っていると、動物を売るバザールに迷い込んでいました。ヤギや犬、猫、様々な鳥が売られていました。

0a719bf8.jpg

なかでもびっくりしたのが鷹!!

しかも食うって言ってました…おそろしあ…
でも鷹可愛かったな~

なんとかぶらぶらして、5,6人仮面をかぶった人を見かけましたが、人通りも少なく、声をかけることも躊躇われたので写真なし!!!!
なので参考画像を(笑)

参考画像

こんな感じです。暑いから仮面をかぶっている人が少なかったのか、その文化自体が廃れていってるのか分かりませんが、かぶっていたのもお年寄りばかり。

とりあえず、暑すぎてジメジメしすぎて耐えられなかったので、5時くらいにバスターミナルに戻りました(笑)

なんとバスターミナルでハマム(シャワー)ルーム発見!20000レアルと安かったので、ひとっ風呂浴びました。
いや~夜行でシャワー浴びれないのが確定だったので嬉しかった~
どこの国もバスターミナルにシャワーつければいいのに。

そんなこんなで次はエスファハーンへ向かいます。

ちなみにバムもここ、バンダル・アッバースもラマダン期間なのに昼時には普通にサンドイッチショップが空いてた…なんでだろ?シーラーズやヤズドではお昼にお店ほぼクローズで基本食べれなかったのに…

世界一周ブログカテゴリの最新記事