アルゲ・バムの遺跡の今

アルゲ・バムの遺跡の今

なんか夜暇だからか、凄まじいブログ更新率のまたたびです。
一回目の旅なんか更新してんのかしてないのかわからん状態だったのに(笑)

沢木耕太郎の深夜特急のドラマをみてココは行きたい!と思った場所

それが

アルゲ・バム。

そのドラマをやった時代は、まだこの地を大地震が襲う前で、テレビにはとても綺麗でそして捨てられた都市としていい感じの廃墟感が佇む遺跡をして写っていました。

2014年現在はどうなっているんだろう。そんな感じでこの遺跡に向かいました。

バムの安宿は
アクバル・ツーリスト・ゲストハウス
住所:地球の歩き方参照
一泊シングル500000レアル!シャワー水、Wi-Fiあり。朝食・・・ありなのかな?
と言った感じ。オーナーのアクバルさんがいい人なので泊まりましたが、ちょっと高い・・・

さてここバムはアルゲ・バム以外見るものはありません。
なので、ヤズドからだと深夜2時半くらいにこの街に到着するのですが、そのまま宿に泊まりアルゲ・バムをみて夕方別の町へ向かうということもできちゃいます。

さて気になる治安の方ですが、2014年7月現在、イランの他の街と比べて危険を感じるとか危ない感じがするとかといったことは無いです。普通のイランの街です。
ちょっと前に日本人が誘拐されただかで来る人が減ったそうですが、全くそんなふうには見えない街ですよ。

現在宿に客は僕だけ。アクバルさんも暇なのか、車を出してくれてアルゲ・バムまで送ってくれました。

アルゲ・バム
入場料は15000レアル。

f8f12f7c.jpg

確かにそこら中補修だらけ。
地震の前の姿を見てみたかったなぁ~

543b2557.jpg

城壁も綺麗ですが、補修中

1fd7f3f3.jpg

紀元前から1810年まで都市として使われていたそうです。すごい長い歴史がありますよね。
昔の人もナツメヤシと城壁を見ながら

ぽけ~っ

としていたんでしょうか?

帰りに入口付近でアルゲ・バムで働いている考古学者のレイラさんが話しかけてきてくれたので、そのまま色々伺ってみました。
倉庫の中の出土品まで見せてくれました。古いものは4500年前のものまであるそうです。

なかなか興味深いお話を色々聞けました。彼女はもっと英語を喋れるようになりたい、
そしてインドにも行きたいそうです・・・僕は心のなかで止めましたが(笑)

さてアルゲ・バムを後にし、少々街歩き。
マーケット付近はなかなか賑やかです。

77a2e7fe.jpg

てかラマダン中なのに、結構みんなお店でくったり飲んだりしてるけど、ここらは監視の目が甘いのか?

不思議です。

後はのんびりして、次の街へ向かおうと思います。

ココの街のスーパーマーケットで見つけた紅茶!
アルゲ・バム仕様です!

デザインがかっこいいから買っちゃったけど、スーツケース無くなって伝熱コイルもコップも無くなったんだった・・・

3b2de095.jpg

世界一周ブログカテゴリの最新記事