風邪引いたのに・・・精神的に休ませてくれないインド

風邪引いたのに・・・精神的に休ませてくれないインド

またもや風邪を引いてしまいました!旅始めてから全く健康だったのに(お腹以外)なんでよりによってこの国で風邪を引くんでしょう?2回とも!!

原因は夜窓を開けっ放しにしていたバスの吹き込む風が意外と冷たかったし、腿が寒いなと思っていたんですよ。それですね。

とりあえずアフマダバード、事前に調べてここが何と無く外国人に宿を貸さない街だということは予測できてました。
なので何軒か回っても答えは全て

今はフル。

まぁ、お金より信念を通しているので好感は持てますが。後でネパール人に聞いてみるとそれが伝統らしい…何故かはわからないらしいけど。
敵ながら天晴れ!といったところ。

なので基本みんな同じような宿に行くことになります。よっぽど交渉好きじゃない限り、さっさとリキシャにホテル聞いた方がいいです。

Hotel Mukam
住所:3rd Floor Dwarkesh Building, Near Brige Khanpur, Ahmedabad
一泊シングルトイレシャワー付き600Rs、Wi-Fiあり、シャワー…ヌルいのか水なのかよくわからん。スタッフは薬やってるんじゃないかと思うほど呆けた顔で実際使えない。

ここがアフマダバードの安宿ってことになるのでしょうか?
宿に着いた時点では寝不足で体調悪いと思っていたので、そのまま街歩きに。

7d35ee82.jpg

意外に大きな都市です。

ダーダハリの階段井戸ってのが有名らしく、バスチケットも買いたかったのでリキシャに頼んで両方いってもらいました。ちなみにメーターリキシャだとホテルからダーダハリまで30Rs!本当は安いのに、英語ご喋れる奴らはぼってきます。当たり前だけど。

とりあえず井戸へ。

942bec27.jpg
40b0f51d.jpg

彫刻が綺麗で面白かったのですが、なんか体調が変だぞ?ということでホテルに戻りました。そして爆睡。
起きた後熱は買ったら38.5!
やっちまった~!!

とりあえずホテルにブランケット頼んでパーカー着込んで、リンゴとレッドブルと水を買いに行きました。

帰ってきてもホテルスタッフは

ブランケット?ああ忘れてた。

みたいな顔。
はぁ~!
とりあえず取りに行かせ部屋で爆睡!朝にチェックアウトタイムを聞きに行くと、

チェックアウトした時間から24時間だ!お前もう遅れてるから金払え

と言われます。
呆れて

聞いてない!

と一言言ったら食い下がりました。とりあえずホテルの4階のロビーでバスの時間まで寝ていると起こされます!

マネージャーが300Rs払えっていってるぞ!

みたいなことを言っていたんでしょう。とりあえずバスの時間も近かったのでレセプション行くと誰もいません。
スタッフもなに?みたいな顔。

もうわけわかんね

とりあえずバス停に向かうためリキシャを捕まえますが、わけのわからない所で降ろされる!

人伝いにバス停まで行こうとすると

20ルピーで連れて行く

とリキシャに言われて面倒なので頼むと100mも走らず着く(笑)これはうまく騙されたので払いました(笑)

そしたらこっちだとバス会社に連れて行かれ後で当然の金請求!

ムカついたのでバス会社のオフィスで

インド人はいつも金くれ金くれ!こいつみたいにね!

と大きめの声で言ったら逃げて行きました。其の後チケットが実は昨日の分だということが判明!
間違えやがったあのバススタッフ!

そした流石に熱もあって体調の悪い中運が悪くてブスッとしていると人の水にベタベタ触って、絡んでくるスタッフ。やめてといったのにしつこく来ます。
しかも

俺を怒らせるな!

とかいって来る始末!
切れたので睨み返して後は全部無視!

本当インド人って糞な人間しかいない。ラジャスターンとダージリン以外。
これから先、~以外の街は増えるのかな?

世界一周ブログカテゴリの最新記事