ついにインド入国の前にブッタ生誕の地

ついにインド入国の前にブッタ生誕の地

ポカラを朝に出て2時半くらいにバイラワという街に着きました。
このバイラワかルンビニどちらに泊まろうか迷ったのですが、バイラワの方がインドに入りやすいので、バイラワの宿へ。

バンクロード沿いにあるこの宿に決定!

一泊シングル300Rs, ファンつき、タオル貸し出しあり、Wi-Fiなし、水シャワー。まぁ良い宿とは言い難いですが、泊まるだけなら文句はありません。

にしてもやっぱ暑い!そしてインド!
ネパールだけどインド!ちなみにこのホテルの隣の脇道にあるレストランでWi-Fi使えるみたいです。
またブッダチョークに向かう途中にもWi-Fiレストランあり。

bd9d9a48.jpg

ここはWi-Fi確認済みです~

次の日朝にブッダチョークからルンビニ行きのバスに乗り、1時間50Rs。
ブッダが生まれた地とされるルンビニに到着!

とりあえず聖園に向かいます。また入り口がわかりずらい…

入場券は覚えてない100Rsくらい?
しかも裸足でクソ暑い(笑)
このマーヤ聖堂にブッダが生まれたとされるポイントがあります。

55a33e93.jpg

そしてこの池はブッダを産む前にお母さんであるマーヤ妃が沐浴されたとされる聖池だそう。

3d805061.jpg

にしてもここ聖域だよね?

fa3766a1.jpg

ブッダも嘆いてるよ(多分)

ここのお坊さんに

なんで聖域にもゴミをポイ捨てするの?

ときいたら

彼らは学校に行ってないからだ

というわけのわからないお答えを頂きました。
カンケーね~(笑)


折角インド人の女の子は顔が整ってる美人が多くてスタイルもいい子が多いのに、そんな子がゴミをポイっとかツバをペッとかやると幻滅します…

とりあえず聖園を出て歩き回ってみますが後は各国の寺位しかないので何もみませんでした。

139695f2.jpg
c0d97f3b.jpg
118b88c5.jpg

てかドイツ寺って何??(笑)

そしてついにインドへ再入国!
まずバイラワのバンクロードでスノウリ行きのバスを捕まえます。15Rs。ですぐつきます。

そしてネパールのイミグレでスタンプを押してもら…

えなーい!!!
もらえねーのかよ!ヒーハー!!

そう、VISAが15日用で2日オーバー。1日に付き3ドルのペナルティと何故かの違約金30ドル(全てUSドル)。計36ドルの無駄遣いでございます。しかも時間も取られるので、気をつけてください(笑)

そこからインドの国境を渡り、インドのイミグレへ。
あっさりスタンプをもらいインド入国です。

とりあえず残ったネパールルピーをインドルピーに換金しますが、これだけじゃ少なすぎてバスに乗りない…
しかもATMはインド側にないらしい(インド人情報…)
何故か親切にATMまで両替屋の人に連れて行ってもらいました。

お金下ろすだけ

というだけで国境スルーできます(笑)でも当たり前ですが下ろせるのはネパールルピー…

そして両替。なんで親切か分かりました。10000ネパールルピーで帰って来たのが4000インドルピー位…レート上は6000インドルピー位になるはずなのでこいつら2000ネパールルピーも両替で儲けやがった!

なんとかごねて500ルピーだけ返してもらったけどそれにしてもぼり過ぎ!もうインドだ…
てか普段レートとか全然気にしないけどインド来て始めてレート計算してみたよ…信用出来ないからね、こいつらだけは絶対!

そしてバス停に行きデリー行きのバスを見つけたら…

これっすか?これで24時間っすか??(笑)ああ、南米や東南アジアのバスが懐かしい…
775Rsでした。ゴーラクプルまで行って電車に乗るというてもありますが、電車にはほとほと懲りているのでヤです。電車の方が安いし、早いけど、来る時間も着く時間も確実に遅れるし、シートは下手すりゃインド人に占領されてるしで最悪だからね。

バスにのりついにデリーに向け出発!
バスの窓からアイスを買えばお釣りをチョロまかされ、

かえせ!

って言っても逃げて行くし、

オカマの格好した奴が乗り込んで来て、こっちは寝てるのに殴られて金を請求されるし
(これはマジでキレた。なんかインドではたまにあることらしい。新しいスタイルの物乞い)
もう早々最悪、インド!

そんなこんなでデリーに到着しました。もうすでにインドに疲れてるよ



ちなみに上の文章は少し時間が立ってから書いたものです。前に書きためていることを忘れて同じ記事を二度書いてしまいました。
そして下の文章が実際にインドに入国した直後に書いた文章です。


朝の7:15発のバスに乗りポカラからバイラワへ7時間位。ルンビニとバイラワどっちに泊まるか悩みましたが、そのままインドに行きやすいバイラワに決めました。

バンクロードを宿を捜しながら歩き、見つけたのがここ。
住所の詳細ほ分かりませんが、とりあえずバンクロード沿いにあります。
値切って一泊シングル300Rs。水シャワー、タオル貸し出しあり、Wi-Fiなし。ただこのホテルの建物の正面からみて左隣に細い裏道がありますがそこにWi-Fiレストランあり。またシッダールタハイウェイ沿いにもバンクロードとブッダの像がある交差点までの間にWi-Fiレストランあり。

そてここに来た目的はルンビニのブッダ生誕の地ですが、その前にバイラワを町歩き。

まぁ、ネパールといえど平地部は総じてインドですな。
屋台が結構あるので食べ物は安く済ませられます。

次の日ルンビニへ。ブッダチョークから50Rsで1時間でルンビニの聖園へ。
のこの日ほピーカン照り…

ちと分かりづらい道を行き、聖園へ。
入場券200Rs。
誰だかわからないけど税金を1/8にするとこの碑に刻んだアショーカ王の石柱

ブッダの母親マーヤ妃がブッダを産む前に沐浴したというブスカリニ池

そしてブッダが生まれた場所が刻まれるマーヤ聖堂

が主な見所です。
それにしても…聖園…ね…

聖園だろーが、平気でゴミをポイ捨てする素晴らしい国民です。
マーヤ聖堂にいた坊さんに

なんで聖域にまでこの人らはゴミをポイ捨てするの?

と聞きました。
すると

ほとんどの国民は学校に行ってない

とわけの分からないお答えを頂きました。
カンケーないだろ。学校でゴミをポイ捨てするな。なんて授業ねーよ!

その他にもこの地区にはたくさんのお寺があります。いろんな国でお寺をみて来たので僕は興味がなかったので行ってませんが…
てかドイツ寺ってなに?(笑)

半日位で見終わったのでバイラワに戻りました。

そして次の日についにインドへ移動…
まぁもうすでにインドのようなもんだけど…

バイラワからバスに乗り15Rsでスノウリへ。そこからネパールのイミグレによりスタンプを貰うのてですが、僕は2日程VISAオーバーしていたので、違約金30USドルと1日3ドルつまり6ドル、合計で36ドルも取られました!
ペルーみたいに日にち分だけだと思ったのに!違約金って…

そしてインド…とりあえずお金をインドルピーに変えます。
計算したら2000ネパールルピーもぼってやがる。なんとかいって500ルピー取り返しました。
そしてこのローカルバスでデリーへ向かいます。

ゴーラクプルまで行って電車でデリーだと13時間。バスだと30時間ですが。

多分今日は席が満杯で電車に乗れない。
バスより値段が高い。
電車だとどうせまた僕のシートに我が物顔でインディアンが座ってる。
電車でもどうせかなり遅れる。
荷物の管理がバスのが楽。

との事でバスを選択。

てかいま早速お釣りごまかして返して来やがったよ!

しかもバスで寝てたらいきなり入ってきたオカマ風の奴らに殴られて、しかもお金を請求された!
ムカついたので

ふざけんな!

と本気で怒ったら、違う人のとこ行って同じ事やってた。
知らなかったけどなんかの文化かこれ?他の人の中には払う人もいてビックリ!
ただ寝てて殴られて起こされて、金請求されたら普通キレるでしょ?

ふぁっきんインディアン!!!!

もーやだ…
どーなることやらインドの旅2.0…

上の時間が立って噛み砕いた文章のほうがブログを書く上ではいいかもしれませんが、直後のやり場のないそのままの感情を書き出すのもまた面白いと思いません?(笑)

世界一周ブログカテゴリの最新記事