魅力的なカトマンズの町並みと日本食

魅力的なカトマンズの町並みと日本食

カトマンズ。
インドから来た旅人にとってはまさに天国とも言える地だとみなさんおっしゃる。
何故かというと、標高が高い所にある為、気温が少し低めなのと、インド人と違ってガツガツしてないこと、そして何より美味しい日本食屋が沢山あることが理由だろう。

でも他にも地球の歩き方を見るとカトマンズや近郊に沢山見どころがあるのだが、カトマンズについて調べると出てくる旅人達のブログではそれらはあまり触れられていない。

なんでだろう?
と思っていたけど色々巡ろうとして理由がわかった。

なんといちいち入場料が必要で高い!歴史的な街並みが観れるタルバール広場は入場料750Rs, 近郊の街なんて同じような歴史的な街並みがあって行こうと思ったのだけど入場料1100Rsの文字を見てやめた(笑)
だったら久しぶりの美味しい日本食をその分食うわ(笑)

そんな訳でカトマンズ編。
とりあえず激疲れ状態でホテルにチェックイン。今回の安宿は

Himalayan travellers’ inn

住所:P.O.Box 9668 Thamel, Kathmandu
シングル一泊500Rs, Wi-Fi各階完備、シャワー24時間ホット◎、タオル貸出あり、オーナー会えれば日本語オケの宿。中々快適でした。綺麗だしね。

さてとりあえずタメル地区を歩いてみました。

3225072e.jpg

沢山のお土産屋さんやツアー会社、BARやレストランが軒を連ねています。

0dc84025.jpg
1c644d6e.jpg

パン屋も多く、夜の8時過ぎや9時過ぎにはなんと50%OFFで買えちゃいます!

まずはソッコー日本食屋の桃太郎へ!
基本的には僕は日本食屋ではカツ定食を頂きます。

中々美味しい~

日本にいる皆さんに日本食を紹介してもしょうがないのですが、こっちからすると涙が出るほど嬉しいのです!
だって下手な所でカツ丼頼むとコレよ?コレ!

fbbdcdb3.jpg

なんだよこれ in India…

他にも色々言ったのですが、僕がオススメの日本食屋はココと、という日本食屋。
絆はメニューの種類は少ないですが、半端なく美味い。もう日本で下手な所で食べるよりも美味いとおもいます。
場所はChakdibari Marg通り(GoogleMAPでの名前)沿いにあります。通り沿いに看板があって、その看板がある入り口を奥に入って行くとあります。ここはオススメ!!

さて観光しないのもあれなので、ダルバール広場にはいってみました。

f62190ea.jpg

広場には京都のようにお寺が密集してあります。

355adbb2.jpg

ココはクマリの館。

07df5292.jpg

クマリというのは一種のみこのようなものである村の生理前の少女が選ばれるそう。昔は王様までもが頭を下げ占い?を乞うたそうです。今はただの伝統なのかな?運が良ければお顔を見れるそうですよ。

他にも派手なカラーのカーラ・バイラブ神の像

や博物館にもはいれます。

次はモンキーテンプルと呼ばれるスワヤンブナートへ。
確かに猿多し…

76eac540.jpg

階段を登り切ると、

中々の景色。

120f6d5d.jpg

そしてこれが黄金の金剛杵。←それご凄いのかどうかは僕にはわかりません。

f1983017.jpg

鎌倉のお寺でもみたことあるけど、この鐘状のものを回すのが儀礼みたい。

ストゥーパの周りにも沢山鐘があります。みんな回して時計回りに歩いてる。

ここだけじゃなくカトマンズは歩いてると突然お寺やストゥーパが顔を出します。

88fcacf3.jpg

歩きがいのある街ですね。
日本人の情報ノートでも有名なインドラチョークのラッシー屋はマジで旨し!

82570930.jpg

88d8a1f3.jpg

沢木耕太郎が沈没したのもうなづける程カトマンズの街は魅力的でした。近郊の街にも行きたかったけど、ココはアジアだし簡単に来れるだろうということで次回に。

ちなみにショッピングモールもあるよ。でも中はいまいち(笑)

4123af4f.jpg

ちなみにここカトマンズでも日本へ荷物を送ってみました。中央郵便局からEMSで送る場合、まずは28番の部屋へ行き荷物を布で包んでもらい、32番の部屋で送るというかたち。インド同様絶対布で包んで貰わなくてはなりません。
2キロ位で2350Rs。安いのかな?もっと安く送れるけど、EMSのが安全だしね。

さて次はチトワンへツアーで行ってきます。今は雨季なので75USドルで2泊3日のツアーに参加できました。

うーんどんな動物が見れるかな~

世界一周ブログカテゴリの最新記事