ダージリンで何するかと言ったら・・・

ダージリンで何するかと言ったら・・・

基本的には3日位で次の街へ移動する僕としては珍しく、僕はこのダージリンという街に一週間も滞在していました。
なにかを待つとか仕事、学校以外でこんな長く滞在したのはペルーのアレキパ以来かな?

まぁインドで受けた精神的ダメージ(笑)を回復するという名目もありましたが、ほとんど毎日歩き回ってました。それこそトレッキング並に。
てかティーカフェめぐりと農園めぐりしかほぼしてないけど~

ので僕みたいな紅茶好きの人のために幾つかの農園の行きかたを紹介したいと思います~

とりあえず、ダージリンに着いたら絶対行ってみようと思っていた農園はあの有名な“キャッスルトン”。ダージリンティー好きだったらまず知らない人はいないでしょう。

初日にホテルのオーナーに行き方を聞いて、次の日にキャッスルトンへ向かいました。
まずはダージリンの街のマーケットの乗り合いジープスタンドでKurseong(コーション)という街に向かいましょう。たしか70Rsで行けます。

多分駅前でおろしてくれます。で、駅を正面に見据えて右側に登りと下りの分かれ道がありますので、下りを選択。

c564b632.jpg
5db018b2.jpg

ひたすら下って行きましょう。30分も歩かないうちにキャッスルトン到着!!

10c88ef1.jpg

ココがあの有名な老舗茶園キャッスルトン。

363a6e00.jpg

オフィスにいって見学したい旨を伝えると、快く案内してくれました。ただ写真は禁止。
工場に一歩足を踏み入れるとダージリン特有のマスカテルフレーバーが工場全体に広がっていてとてもいい香り。
マネージャーさんが工場の工程の説明や色々な葉っぱを見せてくれて、香りまでかがせてくれました。
これがもう、なんとも言えない高貴な香りが気分を高揚させてくれます。さすがキャッスルトンという感じのマスカテルフレーバー!
もうテンション上がりっぱなしでした(笑)マネージャーさんも僕が詳しいことを知ると喜んでくれました。

さらには茶園まで説明付きで回ってくれました。
ダージリンのセカンドフラッシュはこの若葉のみを刈り取り

5ed89b40.jpg

乾燥させ、ローリング、発酵、乾燥させて出来上がります。ちなみに葉っぱを全く発酵させないと緑茶、30分くらいしか発酵させないと烏龍茶、そして2時間くらいの発酵だと紅茶になります。

そしてダージリンティーには秘密があって、葉っぱがウンカという虫に噛まれることによって、葉っぱの成長が止まり何だったかの作用であの独特のマスカテルフレーバーがでる葉っぱになります。
これと同じ作り方の烏龍茶の東方美人も有名ですよね。
これらを2人で話し合って盛り上がってました(笑)

最後に今年のセカンドフラッシュをお買い上げ!
まだダージリンの街には出回ってなく
(時期が早すぎたみたい。摘み取りは始まってるけど、運搬は始まってなくてほとんどのダージリンのショップは今年のセカンドフラッシュをあまりおいてなかった。)


買えてラッキー!!セカンドフラッシュのマスカテルとチャイナスペシャルを購入。250gずつ(笑)

なんと1000ルピー!!1800円位?
日本だと下手な店(某~フレー○)で買っちゃうと500gで4万円くらいしちゃいます。
良心的なお店でも13000円くらい。

どれだけお得なことか!!!!(てかそんなに飲めるの?という質問はご遠慮ください(笑))

ホント丁寧な説明に良心的な価格!紅茶好きなら是非きてみてください!!

そして次の日は地球の歩き方にも載ってるハッピーバレーへ行ってみました。
正直このハッピーバレー、地球の歩き方で初めて知った農園です。日本で売ってるのを見たことがない。

ダージリンの街から歩いて3Km。メイン道路沿いに看板があるので、看板を見つけたら脇の道を下っていけばOK。

a63a20af.jpg

ここは観光客にそなえてしっかりとしたルートで説明してくれますが、見学コースからだとダージリンの香りをあまり感じることはできませんでした。ここも写真禁止。
ただココはなんと試飲できます!!

e6bca18f.jpg
bee09d0a.jpg

右がファーストフラッシュで左がセカンドフラッシュ。

なかなか素晴らしい味と香り。ただキャッスルトンにはちょっと及びません。
ちなみにこのハッピーバレー、聞いたことないと言いましたが、あのイギリスのブランドのハロッズや日本のデパート三越におろしているそうです。
まぁだから何?ッて言われればその通りですが。そうだからといって美味しいわけではないので。
でも松坂屋のベノアだったら買ってたかも(笑)美味いし。あそこのダージリン。

茶葉の種類まで結構丁寧に説明してくれたスタッフさん。

8e2c4439.jpg

しかもダージリン最終日に街のお気に入り紅茶ショップでバッタリ!
最初笑いかけてきたので、誰だ?と思っていたけど、思い出しました。
ハッピーバレーのスタッフでした。てかよく覚えてるな。そしてインドのお店にはハッピーバレーは卸してないんじゃなかった??(←らしいですよ)

さて、ちなみにハッピーバレーの工場の前で高確率でおばさんが出現するでしょう。
しかも妖しい日本語で

一番茶がのめるよ!!

と誘ってきます。ハッピーバレーとは全く関係ないこのおばさん。
大丈夫なのでついていってもいいと思います。お茶を飲ませてくれて、買いたければ買えます。
一杯20ルピーでした。来た人が感想を書いてるノートもあって日本人も多数いました。

いい人なのですが、5秒でお茶を淹れるのが自慢で、正直5秒じゃあいい香りも味も出ません
そしてこの時は茶葉はファイネストといって良質なやつではありませんでしたし、香りもイマイチだったので買いませんでした。ただ良質なお茶を提供された人もいるみたいなので、運なのかな?

暇だったらついていって見てください。悪い人ではないしいい人です。買わなくても特に文句やめんどくさいこともありませんでしたよ。

その後ダージリン動物園へ。基本ヒマラヤに生息している動物たちなのでぐったり寝ているだけってことはなくて面白かったですよ。ただ入場料が100ルピーでしたけど。

ヒマラヤクロクマ

6f9c154c.jpg

トラ

6cf9d378.jpg

黒豹

f4665b54.jpg

レッサーパンダ

87dba123.jpg

他にはウンピョウや雪豹なんかもいてなかなか興味深かったです。他にも登山博物館もあって登山が好きな人にはおもしろいんじゃないかな?

そして茶園情報ちょっと長くなったのでPart2へ続く…

世界一周ブログカテゴリの最新記事