バガンで遺跡群を回ろう

バガンで遺跡群を回ろう

ヤンゴンから15000Kでバガン行きのバスチケットを購入。ローカルバスの43番に乗りバスステーションにいきバガン行きに乗り込みます。

多分正直どのバスに乗ればイイか迷うほどバスがごった返しているので、そこらの人に聞きましょう。

自分の場合はバスを一緒に降りた人が親切なことにバガン行きの乗り場まで連れて行ってくれました。

そして・・・

午前4時くらいに

バガンについたぞ!

といって降ろされます。

GPSを見てみるとなにやら中途半端な場所。

それもそのはず、地球の歩き方にはニャウンウーのバスターミナルで降ろされると書いてありますが、ここ数週間の内に変わって、全てのバスがニャウンウーから6キロくらい離れたターミナルに降ろされます。

これを機にタクシーの運ちゃんが

街まで12キロある

だとか

5000Kでホテルまでつれてく

だとか寝言をいっていますが

2000Kで街まで行けますのであしからず。

途中バガン地域入場料の10ドルを払わなければなりませんが。(もちろんキャットでもOK)

さて今回の安宿は

ピンサ・ルパゲストハウス

住所:Main Rd. 基本有名な安宿はメインロードに並んでます。

一泊シングル10000K。Wi-Fiあり(ついぞ繋がらなかった)水シャワー、朝食あり、タオル貸し出し無しといった感じ。

なんか知らなかったけど日本人に有名な宿みたいで、日本語ペラペラのスタッフがいます。藤井フミヤと呼ばれているらしいですが似てません(笑)情報はこのフミヤさんからどうぞ。

ちなみにWi-Fiはこの宿を出てみぎにちょっとまっすぐいったところにあるレストランがオススメ。まともに繋がります。ミャンマービールの緑の看板が二つあるのですぐ分かります。

さてこのバガンはここら辺一体に遺跡群が点在しています。カッパドキアみたいに気球に乗ったり出来るそうです。高そうなのでやめました

とりあえず僕はレンタルサイクルを1500Kでしましたが、あっついので電動バイクを8000Kでレンタルすることを強くお勧めします。
なにを回ればいいのか全くわからなかったので、地球の歩き方のモデルコースをそのままトレース(笑)
このコースだと自転車でも5時間くらいで見て回れます。

まずはシュエズィーゴン・パヤー

7e5622ba.jpg

相変わらずの金ぴかピン。

つぎはティローミンロー寺院。

なかなか趣のある寺院。

ちなみに寺院はみんな同じつくりをしています。寺院四方に入口があってそれぞれの入り口に仏像安置。みたいな。

次は多分バガンのハイライトだと思われるアーナンダー寺院。

8211618c.jpg

ここはものすごく大きな仏像が安置されています。

ただ毎回思うのですが、電光ライト…
これすっごく仏像が安っぽくみえるからやめた方がイイと思うのですが

ミャンマー人のセンスがわからん。

お次はブーパヤー・パヤー

川沿いに立っている仏塔?です。

他にもゴドーパリィン寺院に

b229f925.jpg

タビニュ寺院

37566706.jpg

スラマニ寺院

5a440b07.jpg

ダマヤンジー寺院

011c6b2f.jpgss=”pict” />

マヌーハ寺院

1005f56c.jpg

ときて、最後は夕日で有名なシュエサンド・パヤー。

240807c5.jpg

ここからの眺めは最高にいいです!!

9305cfa4.jpg

でも結局夕方には曇って来て夕日は撮れず。
この時期はサンライズ、サンセットと撮るのが難しいそう。
ただなぜか、そんなにガッカリしませんでした。なんでたろ?

次の日はポッパ山というところに。
これはフミヤさんが紹介してくれたツアーで参加。1日10000K。
最初になんかココナッツ?からウイスキーを作ってるお土産屋さんみたいなところによります。

1e6d7e44.jpg

ココナッツから作られているウイスキーは心なしかまろやか?というかなんというかという感じです。
不味くはなかったし、安いしで旅じゃなかったらお土産として買ってたかも。

そしてポッパ山!

e51e51aa.jpg

山の上にお寺が立っているという一風変わった山です。
階段を登って頂上までいけます。

至るとこにヤクザみたいな坊さんの像があります。
てか坊さんなんかな?これ?
有名な人らしいけど。

てか、こんな怖そうな人が坊さんだったら、いやだな・・・
菅原文太みたい。。。

さて次はマンダレーへ向かいます。

世界一周ブログカテゴリの最新記事