ヨーロッパのファッション事情

ヨーロッパのファッション事情

ヴェネツィアが何気に肩すかしになってしまったのに、次向かう街も大都会ミラノ…
ヴェネツィアから電車で17.95ユーロ、3時間半くらい。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京に並ぶ5大都市の一つだっけ?
街並みも大都会そのもの。

d203508a.jpg

ただ、旅人に聞くと

ミラノ~?ん~なにもないよあそこ。

という位の大都会。
確かにその通り。

とりあえずホステル

Hostel California

住所:Via Lambrate,18, Milan
一泊9ユーロ。Wi-Fiあり、シャワー○、朝食なし、結構評価悪く書いてあるけど、あまり気にならなかったなぁ~

都会の街並みや教会には飽きていますが
それでも、自分はドゥオーモは素直に凄い建造物だと思いました!
いままでみたヨーロッパの建造物では1番だな。取り敢えず。

439e2dd2.jpg

隣にあるアーケード

4333782c.jpg
3c5e52d2.jpg

そして次の日はレオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵画・”最後の晩餐”を見に行こうと思って調べてみると…

そうだ 旅、出よう。

予約必須!の文字(笑)

ムリじゃん!(笑)

ただ、地球の歩き方にはシーズンオフならその日のチケットが余ってる事もあるとかで取り敢えずいって見る事に。
まあ見れなくても、写真やテレビでいくらでも見てるしイイや、と思って久しぶりにあった日本人の旅人のユウキくんといって見ました、


案の定…フル!

なんか一回に25人しか入れなくて、しかも15分しか見られないという厳重ぶり。
諦めて外にでると、なんと変なオバちゃんに日本語で話しかけられました。

チケット余ってるから売るよ?

と、なんだダフ屋か…と思ってるとチケット料は正規通り6.5ユーロ+予約料1.5ユーロの8ユーロ。
じゃあ偽物か?と二人で相談して最後の晩餐なんてそこまで見たいか?となり辞める事に。

ただ、どうやらオバちゃん、実はツアーガイドでただツアー人数に空きがでて余ったチケットを処理したかっただけっぽいことが判明!

いや、大勢の日本人相手に

何時から入れるのでここに集まってください

とか説明やらしていたので…

それで騙されたと思って買って見ることに。
そして…

入れた!本物のチケットだったよう(笑)
オバちゃん疑ってゴメンなさい(笑)

まあ、ミラノに来たから取り敢えず観ようと思った、”最後の晩餐”。

ハンパなかった!

確かにテレビや写真で何度も観たことあるし、それとなにが変わるわけじゃないけど、オーラを感じるというか、ライブに行くかCDで聴いてるかの違いくらい凄い!

色々と感じるものがあってユウキくんも全く最後の晩餐のことを知らなかったらしいけど、来て良かったと、いって俺より感動してた(笑)

ミラノに来たらみるべし!
予約してなくてもいって見たらなんとかなるかもよ?

他にミラノに見るものないしね(笑)

そしてファッション。
いままでニューヨークとロンドン以外はいったけど、1番オシャレなのは東京だと思いました。
奇抜的にも普通にオシャレって意味でも。

いま、ヨーロッパではジャケットやセーターなどのトップスの肘にパッチがあるのが流行っているようですが、あれ肘パッチと肩パッチって、ちょっと前に日本で流行りましたよね?

あと女性は生地の薄いトップスかな?下着が透けたり、編み込みで下着が見えるようなやつ。今夏日本でも流行ったのかな?わかんないけど、あれ、見せブラも買わなきゃってことになってファッション業界の戦略ですよね(笑)日本じゃそこまで透けてるのはないか、それか下にキャミか。

取り敢えず日本だって十分おしゃれで、むしろファッションに気をつけてそうな人口は東京のが多いでしょう。

そしてH&Mが繁華街になるとマック並みにそこらじゅうにあります。ちなみにForever21ほぼ見ません。あとZARAも多いかな。GAPも少ない…アメリカ生まれがあまり無いかな。

パリやミラノだからってオシャレなわけではないと感じました。
ただオシャレにばっちりハマる顔立ちやスタイルは羨ましいですが~(笑)

関係ないけどイタリアにきたのでジェラート食ってみた。
ん~アイス(笑)!

そうだ 旅、出よう。

世界一周ブログカテゴリの最新記事