ドイツの田舎

ドイツの田舎

もうヨーロッパ周りが目まぐるしすぎる。
観光・移動・観光・移動の繰り返しなので、ちょい疲れ気味・・・

ミュンヘンから電車で2時間で24ユーロ、やってきた街はフュッセンです!
ココはロマンティック街道の終点ということもあり小さな町からは想像できないくらい多くの旅行者がいます。

そしてホステルも満杯、満杯。
試薬していたと思ったところが予約ができておらず、ついてそうそう路頭に迷いました(笑)


しかも雨降ってくるっていう(笑)



てかこの街、ホテルのレセプションが常に空いてる訳じゃなくて、昼から夕方にかけてレセプション閉じてやがる!
働け!
南米以上に怠惰か!(笑)

そして渡り歩いたホテルの人に聞いて行き着いたのがココ。

フュッセンの安宿。
LA HOSTEL
住所:Welfenstr.39 | Wachsbleiche 2, 87629 Fussen, Bavaria, Germany
一泊18ユーロ。シャワー◎、Wi-fi△てか繋がらないことも多々。朝食なし、ちょっと駅から離れている。
といった感じ。

このホステルで出会った中国人やマレーシア人もそうだけど、基本みんな英語喋れる。マレーシアなんて中国語、英語、あとなんだったか語が必須らしい。

日本って語学遅れすぎじゃね?
このたび出会ったすべての欧米人は学校とは別に小さい時から英語スクールに通うのが当たり前と言ってたし、中国人にしても語学は結構達者。

俺ができないだけか。
あまりにスペイン語上達してなさすぎて、今泊めてもらっている友だちに

8ヶ月も南米に本当にいたの?

と言われる始末。カロリーナのところへ行った時もそう。随分悔しい思いはしているものの、やっぱり苦手覚えられん。
そして英語などもっとチンプンカンプン・・・

さて、フュッセンからロマンティック街道を逆流するお金も時間もないので最も有名なお城だけ行って来ました!

その名もノイシュヴァンシュタイン城!!マジ舌噛む・・・

?とおもっても写真くらいは一度は見たことがあるはず!
ドイツで最も綺麗なお城らいしですよ?

朝からバスに乗り10分。(駅前から73,78番のバスで2ユーロ)
ついた村でチケットを購入します。
ちなみにココしか買うところがないため注意!インターネットの予約もあるそう。
ノイシュヴァンシュタイン城は学割で11ユーロ。ホーエンシュヴァンガウ城は今回は却下。

しかもツアーの時間が決まっていて、それまでにお城に行かなきゃなりません。

まず歩いて山を登ります。

・・・

・・・

あれ?

そうだ 旅、出よう。

まさかの改装中!!!!
全然美しくねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

まぁ、気を取り直して絶景ポイントと言われるなんとか橋へ。
おっ!ここなら中々~

2c50c9c6.jpg

周りの風景も穏やかでいい感じのヨーロッパ風景~

aabcf5ca.jpg

ついでにホーエンシュヴァンガウ城も

80a9ade0.jpg

てかパリもドイツも日本も韓国も多分他の国も考えることは一緒ですね(笑)

8a045187.jpg

自分たちの愛の絆にカチャリ・・・ですかね。
羨ましいけど、カチャリはヤダな~

そして時間が来たのでお城に入ります。
なんと城内撮影禁止。

b0defcca.jpg
a1f73d55.jpg

まぁ、豪勢な感じで頭にすぐに思い浮かべるであろう、中世ヨーロッパ貴族の家の中って感じかな?
ツアーも30分くらいで終了。

のんびりしててやっぱ都会に比べてこういゆところのが好きだな~

さてついにドイツでビール!
店員さんにおすすめを聞いたのですが・・・

そうだ 旅、出よう。

ん!何が美味いのかわかんね(笑)
ビールはビール!苦い、腹膨れる!
ただ、恐ろしく安い!一缶30円くらいからあるって(笑)

そうだ 旅、出よう。

そりゃ、水よりビールのが安ければ飲むわ(笑)

ドイツカテゴリの最新記事