ボニートの街

ボニートの街

ペドロ・フアン・ガバジェロからボニートへ向かう際、なんとバスが故障…
最近バス運悪いっす、自分。

結局2時間ほど待たされ、違うバスにて出発。

が!

そのバスもあともう少しでボニートというところで故障…

近くの街で修理してる時間待たされましたが、バス会社の奢りでランチにありつけました!ラッキー…なのかな?

そしてようやくボニートへ!
なんかのんびりした感じですが、わんさかツーリストがいます。
それもそのはず、この街は有名な観光地があるのです!

とりあえず宿へ。
客引きの人に交渉して38レアルが30レアルに!

Hostel Bonito Ecologial
住所:Rua Doutro Lucio Borralho 716

なんかユース系なのかな?会員証持ってないから進められた。でも先に値段交渉してカード作るより安く交渉したから必要なし。Wi-Fi△、シャワー○ドミトリー、プール、朝食あり。居心地が良くて、ツアーも扱っている。

とりあえず荷物を置いて街を歩き回って見ました。
とりあえず着いた途端暑い!!
夜は涼しいのですが、日中は暑いといっても30位かな?

電話ボックスが面白い(笑)

そうだ 旅、出よう。

綺麗な夕焼けをバックに

50a2bded.jpg

公園の近くにBrazil bancoだったかという手数料無料の銀行や、水中カメラを持ってない人はここら辺でレンタルすると安いみたい~

そして公園ちかくのTAMBOというレストランはなんと自家製カシャーサがあります!!
あっ、カシャーサはブラジルの一般的なお酒でサトウキビが原料のラム的なもの。ピンガも同じです。ただブラジルの人に聞いたらピンガは寝かせてなくてカシャーサは寝かせてるといってたけど本当かな?

味は焦げた樽的な香ばしさがある重めのゴールドラムって感じかな?

692e04fe.jpg

ついでにブラジルの国民的カクテルのカイピリーニャもいただきました~

b88e41e6.jpg

さっぱりしてて飲みやすい。ちょうどいい甘さが身体に染み渡ります。うまい!!

ただノリでイギリス人、ドイツ人、ブラジル人と行ったのですが(途中からフランス人、さらに、ドイツ人追加)もう英語の嵐…

まったくわかりません(笑)!
会話に入れないYO!!

ブラジル来て本当に英語の大切さを思い知らされてます。もちろん英語通じない人のが多いですが(地元の人は)

さて、お次はボニートのツアーにいよいよ参加です!

世界一周ブログカテゴリの最新記事