バルパライソはアートの街

バルパライソはアートの街

さて次の街に向かおうとバス停に行きバルパライソ行のチケットを8000ペソで購入。
バスの発車が11時半なので、それまでまったりして5分前位にバスが来たので乗り込んでウトウトしていました。

ところが一行にバスが動く気配がない…

まぁ、寝ていれば気づいたら動いてるだろうと思ってたら、なぜか乗客がゾロゾロと降り出す!

あれ?
なんかトラブルかと思い、降りるとバスの運転手が何やら説明しています。

どうやら機会の故障で修理が必要だそうな。
20分位で戻る。

といい乗客を降ろしてどこかへ走り去って行きました。
まぁ、20分位ならと思いカフェで勉強しながら時間を潰していたのですが、30分位して戻って来て、

出発は3時位になる

とか言い出し、結局寒い中3時まで待機…
本当暇で寒くてしにそうだったなぁ(笑)

そしてバスに揺られること6時間位でバルパライソ到着!

この街でウユニツアーで一緒だった、セサールとディエゴが住んでいるので2人に合う予定で楽しみです!
午後5時位にセサールと再会し、飯や酒のみながら

明日はディエゴとみんなで会おう

と言っていたのですが、
次の日

まさかのセサール風邪でダウン!!

結局滞在をすこし伸ばしましたが回復せず…
俺ってタイミング悪いよなぁ…

ディエゴとは会えずセサールも一瞬会って終わってしまいました…

折角少しはスペイン語しゃべれるようになったのに~

まぁ、しょうがない。

気を取り直して観光編!

バルパライソは比較的治安のいいチリのなかでは治安が悪いと言われています。
でもアートの根強い街で街中にはグラフィティがいたるところに溢れています。

90b067cf.jpg
8d2b34f5.jpg
a1e6607b.jpg

モアイもいたり(笑)

セサールも言ってましたがよっぽど上の方にいかない限りそんなに危なくないらしいですよ?
自分も歩いてみてそう感じました。

そして此処が有名な青空美術館!
街の一角がそう呼ばれていてアートが沢山あるそうです。

4367b088.jpg
c7e5c1da.jpg

が、そこらにも沢山アートがあるため存在感薄い(笑)

そしてココはラ・セバスティアーナという場所で、チリではチェゲバラと肩を並べる位有名な革命家パブロ・ネルーダの家だそうです。

003115de.jpg

革命家で美術品のコレクターでもあった彼の家がそのまま博物館として公開されています。
中は写真厳禁なので写真は無いですがこんな感じ。

63ae35c0.jpg

こちらとイスラネグラにある彼の家も有名で、よく人のブログだとバルパライソの方が好きという人が多いです。
自分はイスラネグラ派ですが。

家と家具のコレクションに興味があるならバルパライソ。
美術品に興味があるならイスラネグラといった感じかな。

そして今回泊まったバルパライソの宿はココ
CASA Verde LIMON
住所:El Descanso 196
一泊ドミ6000ペソ。Wi-Fiフリー◎、シャワー◎、タオル貸し出しあり、セーフティーBOXあり、キッチン◎
歩いて10分位で大きなスーパー、駅、中心部近く。

セサールに教えて貰った宿でセサールもモニカに教えて貰ったそう。こういゆう繋がりイイですよね~
近くに日本人宿がありますが、ここもロケーションがよくてオススメです。日本人皆無ですが(笑)

ビーニャ・デル・マルまで電車で15分位かな。

890142c3.jpg

あそこはショッピングとカジノ以外はやることないですが。

そして遠出もしてみました~つづく~

世界一周ブログカテゴリの最新記事