天体観測

天体観測

全く観光してないアリカから25時間位。
22000チリ・ペソで次の街ラ・セレナへ到着。

ラ・セレナは学校が多く学生の街という感じ。
夕方になれば、いろんな制服を着た学生が街を闊歩しています。
街並みはオサレなこじんまりした街。

6bb26766.jpg
3d530106.jpg

ちなみに写真にほぼ人が写ってないのは日曜日なため、ほとんどのお店が閉まっているから。
平日は大分賑わってます。

そしてココに来た最大の目的!!
それはペルーとチリの名物「ピスコ」というお酒の醸造所!!!

ラ・セレナ自体にもピスコ・コントロール社の瓶詰め工場はありますが、

d9b0dc62.jpg

地球の歩き方には見学できるみたいなことが書いてあるものの、
瓶詰めには興味ないのでスルー。

周辺の街に醸造所が幾つかあります。

皆さんめちゃくちゃこの話聞きたいと思いますが、
それは次に取っておいて(しかもまたたびによる素人テイスティングコメント付き!)
今回はもう一つのラ・セレナの目玉のお話にしましょう~

ピスコ以外の目玉、それは一年のうち約300日が晴天というここらの特性を生かし、この周辺の街には
天文台が幾つかあるのです!!

そのうち有名なのがトロロ天文台とママリューカ天文台。

ただ、トロロ天文台の方は一ヶ月以上前から申請をしなくてはならないので、
基本予定を立ててない自分は無理!!

なのでママリューカ天文台へ行って来ました。

まず予め調べておいた宿に宿泊。
HOSTEL HIBISCO
住所:Juan de dios Peni636
一泊6000ペソ。ドミ部屋みたいのをシングル。Wi-fi◎、シャワー扱いが難しいものの◎、バスターミナルまで歩いて15分くらい。アルマス広場までは10分くらい。
キッチン貸出しあり、洗濯機無料貸し出し、朝飯なし(お金払えばある)
ツアー扱いあり。

この宿のツアーに申し込みました。
なんと17000チリ・ペソ!!高い!!
そして夜の7時頃にピックアップに来てくれます。

そして車で約1時間くらいでママリューカ天文台へ到着。
ただ・・・

マジ糞寒い!!!

季節のせいと少し高いところのせいと恐ろしく寒いです!
そんななかまず星座についてのスライドみたいなのを見て説明され(英語・スペ語あり)

そこから少し歩いて天文台へ。
糞寒い!!でもこの星空!!

fb3d1758.jpg

つかシャッター1分しか開けてないのに、なんで星動いてんだろ?
これブレではないと思うし・・・

でも意外と写真取るの難しくてまともに取れてたのはこの一枚。
(うそ!ホントは寒すぎて途中から写真とかどうでも良くなったのはナイショ・・・)

もう天の川、なんとか星座沢山です!!
ほんとに感動!!

でも、10分で寒さが勝って、星空より車に戻りたくなります。
そんな中、この天文台の説明してくれた人はすごい!!
みんな寒くて望遠鏡もちらっと見るくらいなのに、一回一回ピントを合わせてくれて、本当に楽しそうに星について喋っていて、この人本当に星が大好きなんだなぁと感じました。
もうガイドさんの目の中が星っていう・・・
スペ語が完璧にわかったら楽しかったんだろうなぁ

土星も見えましたよ(望遠鏡で)

そして建物の中には更に凄い天体望遠鏡が・・・

そうだ 旅、出よう。

これで星を観測!
・・・

・・・

・・・

さっきの望遠鏡との違いがわからん(笑)
もう寒すぎて他の感想が難しい・・・

なんて可哀想なんだろう。この望遠鏡。
こんな全くの素人&寒いの苦手&星にそこまで興味なしに覗かれて。

そしてツアーが11時くらいに終わって、みんな戻るときにガイドさん見送って一人天文台に残るっていう!
他のグループのガイドは戻ってるのに。
片付けもあるんだろうけど、あれ絶対一人で望遠鏡覗いてるよ(笑)

どんだけ好きなんだ(笑)

そして少しおみやげ屋などを覗き、宿に帰ってきたのは12時過ぎ。

何気に結構時間がたってたのには驚きました。
このブログの内容じゃあ寒いってことしか伝わらないと思いますが・・・

マジで糞寒くて死ぬかと思ったけど、ラ・セレナに来たら絶対オススメのツアーです!!

今度は夏に来たい!!

世界一周ブログカテゴリの最新記事