まとめ~南米編~

まとめ~南米編~

約3ヶ月未満南米を回って感じたこと

e215d104.jpg

106fb5c6.jpg

日本にいるときは南米って不衛生で、バスや電車の時間も適当で、物価も安くて、治安が悪くて、旅慣れてないと危険と思ってました。

f331f519.jpg

そうだ 旅、出よう。
e32a48e7.jpg

722aff2f.jpg

そうだ 旅、出よう。

でも全然違います!

3251c4d0.jpg

まずは衛生面。たしかに便座がない便器をボリビアやペルーで見ましたし、流れないってのもウユニ塩湖のホテルで体験しました。

ご飯もジャングルでは小さい虫が浮いてるスープを飲んだりもしました。

ええっ!ムリムリ!!

25a92af8.jpg

と思うかもしれませんが、逆に言うとそれくらいしか思いつきません。

便座がない便器にはたしかにびっくりしましたが、ボリビアで一番見かけたかな?緊急時はとりあえずトイレ!なので気にしてる余裕はありませんし、便座があろうがなかろうが日本じゃあるまいし冷たいので一緒です(笑)

ご飯も日本で調べてた時にボリビアで食中毒になる率が多いので屋台や生ジュースは避けようみたいなことがどっかに書いてありましたが、食中毒っぽくなったのはペルーですし、屋台が好きなので屋台でしょっちゅう食べますし生ジュースもよく出てくるので飲みますが、全然大丈夫です。食中毒の確率も日本よりちょっと高いだけだと思います。

01f6701f.jpg

虫だって日本でもたまにあります。

日本と比べるとそりゃ汚いかもしれませんが、そんなに気になるようなレベルじゃありませんし、むしろ気にするようなところのほうが少ないです。

慣れるのが意外と早いのかな?それとも慣れる程のものでもないのかな?

ほんとそんな感じ。

またたびが汚いのに慣れてるだけじゃないの?

と思われるかもしれませんが、いちお自分は一人暮らしの時一週間に一回は絶対掃除をしないと気持ち悪い、風呂に入って歯を磨かないと寝れないし、家では基本アルコール除菌スプレー常備と普通かそれ以上に気を使ってました。

そうだ 旅、出よう。

交通もラパス、リマは車がクラクションを鳴らしまくってますが、事故は特に起きませんし(てか日本が車文化って、古いんだね。どこも車だらけだったよ)バスや電車(電車はあまり乗ってない)も意外と時間通りに来ます。

特にアルゼンチン、チリの長距離バス!結構時間通り!まぁピッタシに発射することも少ないですが(笑)ただがけ崩れなどで着くまでの時間がかなりかかったっていう話をよく聞くのがリマ~クスコ間のバス。ココばかりはめったに酔わない人でも酔うくらいグネグネの道で崖崩れも多数みたいですよ。自分も酔いました。崖崩れはなかったですが、12時間だったかな?そんくらい足止め食らった人もいましたよ。あとは雨季のマチュピチュ列車は一部区間動いてません。でもそれも何とかなります。コレクティーボというタクシーバスみたいので動いてる区間までいっちゃえばいいだけです。自分の旅の中ではコレくらいかな?

ラパス~ウユニ間のバスも悪路ですが、酔うと言うより寝れないって程度なので(眠たいと寝れるレベル)そんなに気にならなかったな~人によるかもだけど…

“0” alt=”005bc30e.jpg” hspace=”5″ class=”pict” />

それと一番勘違いしてたのは物価。

意外と高いアルゼンチン、チリ!アルゼンチン、チリ、ブラジルはヨーロッパ並の物価みたいだよ。ほぼ日本と変わらない…エクアドル、ボリビア、ペルーは安いけど。しかもいろんな場所でチリ人やブラジル人は絶対に会うくらい旅行者が多い。

たまにペルー人かな?

でも結局どこも格差社会

南米では子供が働いてる姿をよく見る。親と一緒に手伝いでや単独で靴みがき、物売り。出店に子供しかいないってのもほんとによくある。

ケーキ売りのボロボロの服を着た子供から裕福そうな家族が子供にケーキを買ってあげる…そういうのがザラにある。

a89b3d8a.jpg

そうだ 旅、出よう。
7574b8dd.jpg

ペルーのマチュピチュ列車では列車が止まるところに子供が待機していて

食べ物を頂戴と身振り手振りをする。それを観光客が見てお菓子を窓からあげる。

そういうのを見てると複雑な気持ちにもなる。

でも何かをするわけでもない。もどかしい。

86b60a03.jpg

ee71e6a5.jpg

そうだ 旅、出よう。

そして治安。

ラパス・リマ・ブエノスアイレス・バルパライソ・キト・リオデジャネイロ・カラカスなどなど治安が悪いので有名なところが南米にはいっぱいある。

それでもコロンビアなんかは3,4年前まで一時間に一回は殺人が起こってる場所があるくらい治安が悪かったのに今はとてもイイみたい。政府が頑張ったらしく今は南米レベルで安全といってもいいみたい。

ただベネゼエラのカラカスは怖い噂しか聞かない。もちろん大丈夫だったって話もあるけど、基本強盗に銃突付けられたとかナイフを向けられたとかで犯罪がスリなんて甘いもんじゃないから、ココは気をつけたほうがいい場所。もちろん自分は行きません。美人かなり多い国で有名だけど(笑)コロンビアも美人多いって話をよく聞くよ(笑)

そうだ 旅、出よう。
c3de42ad.jpg

ラパス・リマ・クスコに関しては思ったほど悪い感じはしなかったし、何もなかった。まぁその時は二人行動だったけど。クスコのクラブで預けたジャケットからライターが無くなってたくらいかな?

でも、リマで首絞め強盗に会った人にもあったし、同じくリマで複数でいたのにもっと多い人数に囲まれてボコボコにされていろいろ盗られたとか、タクシーに乗ったら知らない奴らが急に乗り込んで殴ってきてバッグを盗られたとかいう人にもあった。ラパスでは偽警官にカメラ盗られたとかキトで人が大勢いる場所でかばんを盗られそうになって揉みあってPCを盗られたとかいう話も聞いた。でもほとんどは人通りが少ない場所か地元の人も逃げるフーリガンを何がなんなんだかわからずぼーっとしてたとかで、危ない場所に行かなければ大分危険は避けられると思う。偽警官だって有名だし(ちょっと調べれば出てくる)PC盗られた人も広場で堂々PC広げてたらしいし、基本物を持たない、持っても出す時間を少なくするとかで大分対処できると思う。まぁブエノスアイレスでケチャップかけられたけど(笑)

他の場所はいってないからわからん。

でも真面目に犯罪に合う人は何回もあうし、合わない人は合わないってのはホントかもってのはある。

そうだ 旅、出よう。
331a1ba5.jpg

ただ、怖い話だけじゃない。この前キトのスーパーで買い物したときシャンプーとポディーソープを持って帰り忘れたコトがあって気付いたのがスーパーが閉店した直後!
スーパーへ行ってみるもシャッターが降りてる。
また無駄遣いしたと諦めて帰ろうとしたとき、
忘れ物?と聞いてくる女の人。
頷くと
シャンプーとポディーソープで
しょ?
明日取りに来て
と言われ、南米で忘れ物がとって置いてあるコトにビックリしましたが、次の日朝早くに出る予定だったので、
明日の朝…かぁ
と悩んでると、笑って
待っててと言い走って裏口に行き忘れたシャンプーとポディーソープを持って来てくれました!
本当に南米で忘れ物が残ってるなんて奇跡に近いのに、さらに営業時間終了後にわざわざ戻って持って来てくれるなんて!! シエスタがあるくらい働かない南米で!すごく感動しました。
その他、鍵をもってなかったホテルのドアをこじ開けてくれたり(笑)南米は東京よりは親切な人が多いです!

まぁ日本レベルで考えるのは危険だけど、海外レベルで考えておけばそんなにビクビクしなくてもOK!

あとは運!!これが一番大きい要素かな。まじめに。

とにかく南米は自然、遺跡、動物などなど旅をするにあたって申し分のないところ。しかも日本から見てちょうど地球の裏側で一番来にくいところ。

そうだ 旅、出よう。
354be027.jpg

行ってみたいなと思っている人はいっちゃったほうがいいよ。

思ったより心配いらないし、どうにかなるから。(責任は持ちません!)

19b73775.jpg

df5b18f8.jpg

43dfa6a7.jpg

a4b48606.jpg

それにしても真面目な文章書けないなぁ~

a39f39c4.jpg

簡単に書けると思ってたわけじゃあないけど、文って難しい。

日本語もこんななのに、スペイン語学校いってきます~

※写真一切記事とは関係ありません。ご了承ください。

旅まとめカテゴリの最新記事