シカンとシパン

シカンとシパン

チクライヨの観光といえば、まずはシカン博物館。入場料8ソル

4f818a60.jpg

前にテレビで見て、ナンダコレ?と思ったのが実はシカン王の埋葬方法。
生贄やよくわからない道具はまだしも逆さに座っていて、しかもなぜか頭だけ切り落とされて頭は地面と逆さになっていないという摩訶不思議な埋葬方法。

b1dce083.jpg

しかもこのシカン文明は日本人が発見し名付けたらしい。
インカに征服されるまでインカをも凌ぐ黄金を持った文明だったとか。
なので、シカン博物館にはコレでもかって言うほどに黄金の装飾品が展示されている。権力者には黄金というのはどこの時代でも一致しているので解りやすいね。

そうだ 旅、出よう。
910ec0ef.jpg
そうだ 旅、出よう。

次に行ったのがシパン王博物館。10ソル。

d897987b.jpg

名前が似ていながら全く違うシカンとシパン。シパンの方はモチェ文明の王の名前。ここは撮影禁止なので取れなかったけど、中はやっぱり黄金の装飾品やお墓の埋葬の仕方の模型。
でもこっちのほうが規模も大きく、最後は王と部下による人形の演奏があって面白い。

どっちもチクライヨからコレクティーボでそれぞれの博物館がある街まで行き(往復5ソルくらい。)あとはモトタクシーというバイクのようなタクシーで博物館まで連れていってもらう。
両方共1時間から1時間半あれば十分見て回れる。

以上がチクライヨ観光でした!

なのに!なのにこの街に4日間もいてしまった。腹痛いがために…
しかもこの街、道が狭くて、人がかなり多いっていう歩きにくい街。
腹が痛くてイライラしていたので余計にうざく感じてしまった(笑)

何とか抜けだそうと、ある日力を振り絞ってCIVA社というバス会社へ。
ここでチクライヨからエクアドルのグアヤキルまでのバスチケットが買える。
80ソルと少し高くて、こっち側からエクアドルに入ると入国の際、賄賂警官や悪徳税関などいると評判が悪い。(乗り継いで入ると幾分安かったはず)

しかもチケット買った日が土曜日(バスジャックの週末とか言われているとか何とか(笑))

バス発射の18:15にバスに乗ります。まぁ発射するのが遅れて18:30くらいかな?
あたりも暗くなってきて23時頃かな?
ゴツンと大きな音がしてバスが停まる…

えっ?!

完全動かない。どうやら何か踏んでタイヤがイカレタらしい…
こらこら、こんな真っ暗な道の真ん中で客全員降ろされ、しかも雨まで降ってくるっていう(笑)どーすんだこの腹の状態でこの状況(※まだ治ってません)

なんとかスタッフの人が違うバス会社のバスを捕まえ、交渉…成立!!
で乗り込むことが出来ました!!

そしてついたペルー出国所…
なぜかの役所前水浸しで軽い川…と思ったら役所の中まで全部水浸し(笑)
面白い光景でしたが、お腹のせいで写真とってる余裕なし…

そしてうわさのエクアドル入国所…
深夜のためかハンコ押す人しかおらず、特に何もありませんでした。
なかがガンガンエアコンがかかっていてお腹にダメージだった以外は…

そして5カ国目(まだ5カ国か)エクアドル突入です!!

世界一周ブログカテゴリの最新記事