プーノ・ウロス島ツアーでまったり

プーノ・ウロス島ツアーでまったり

ペルー通貨 1ソル=30円くらい

ラパスからバスで3時間でコパカバーナへ、
そこからバスを乗り換えて国境を越え4時間でペルーのプーノへ到着 ~

チチカカ湖が富士山より高い場所で琵琶湖の12倍の広さという事にビックリ!

バスターミナルについてすぐ怪しげなおじさんが話しかけてきて、ホテルを色々紹介されました。ホテルはラパスで会った人から値段交渉ができて、いい宿があると紹介されていたのでその宿を紹介できるか聞いて値段交渉~
無事聞いていた値段まで下げれました!
その後、その叔父さんとタクシーに乗り(何となく信用して大丈夫な気がした)ホテルへ
Hotel Manko Capac 一晩15ソル~シャワー熱々(ただ、夜遅すぎるとヌルくなるかも)Wi-Fiバッチリでオススメ!

…まぁ日本語でいいづらい名前ではありますが(笑)
マンコカパックはインカ初代皇帝のお名前ですから(笑)
そのまま叔父さんに次の日のウロス島のツアー20ソルとそのまた次の日のクスコ行きのバス30ソルをお願いして購入~
しかも叔父さんATMまで連れて行ってくれたり、次の日、そのまた次の日も時間通りにきて色々手配してくれたので、ものすごく助かりました~GOOD JOB!
南米にこんな仕事熱心な方がいるとは驚きです(笑)

夜にチチカカ湖の名物らしい、鱒のスープ14ソルを飲んでみましたが、まぁ、美味しくも不味くもなく…
次の日にたべたアルパカのステーキセット17ソルの方がボリューミーで美味しかった!


fd70cf5c.jpg

アルパカは写真なし…

次の日はウロス島のツアーへ
ウロス島といっても何個か島がありそのすべてが、トトラという葦の様な植物を重ね合わせて出来ている浮島だそうです!
しかも全部の島で700人位が暮らしているそう…
バルサと呼ばれる船に乗って2,3島周ります。

b593ab11.jpg
1d275676.jpg

ただ別料金で10ソル。
ここの人たちは家もトトラで作られているものがほとんどでトトラが生活の中心みたいです。日本語も何個か知っていて、なぜかどんぐりコロコロの歌を歌ってくれました(笑)

709d4b3c.jpg

子供がカメラに興味津々(笑)

そうだ 旅、出よう。

のんびりしていて楽しいツアーでした~

さて、ついに空中都市が近づいて来ました。高山は一日の内に雨、曇り、晴れが何度も来るので晴間は多分あるでしょうが、太陽がでているか出ていないかで大分体感温度が違うのでずっと晴れてて欲しいものです~

ボリビアカテゴリの最新記事