黄熱病ワクチン接種

黄熱病ワクチン接種

ブエノスアイレス一番の目的の黄熱病ワクチン接種を受けてきました。

止まっている宿から歩いて30分弱のところにある検疫所でただで受けられます。
結果スペイン語喋れなくてもなんとかなります(笑)

そうだ 旅、出よう。

場所はAve Indgeniero Huergo 690

という所でものすごいショボい建物でした。

最初素通りしましたが人が並んでいるのですぐわかりました。

 

ドアに Fiebre Amarillaという文字が黄熱病を意味してるみたいですよ。

パスポートを見せなくては受けれないので必須です!

 

その後順番に打ってくのでならんでいるだけでいいのですが、お医者さん?が私英語しゃべれないといってスペイン語で説明し始めますがこっちはなにいってるかわかりませんでした(笑)

 

 

比較的痛みもなく終わりましたが2.3日は熱が出る場合もあるので様子を見たほうがいいそうです~

ただ、イエローカードですが打つまえになぜかもらえますが内容(名前、国籍など)をよく確認した方がいいです。一緒に行った人は国籍ジャマイカになってました(笑)

 

 

そのあと ブエノスアイレスをちょっと観光この可愛らしい色の建物は大統領府でここの前ででもが行われることも多いらしい(笑)

 

 

 

大統領府の前の銅像

 

b9c74211.jpg

 

 

ここがブエノスアイレスの繁華街のフロリダ通り

 

11c191b5.jpg

 

 

すごくボロい車(笑)

 

19c55122.jpg

 

 

暑くてその癖乾燥してるからかあまり汗も出ず、脱水症状になりやすそうなので意外と歩くとき普通より疲れます。

あと2.3日ゆっくりしながら観光して5日くらいしたらブエノスアイレスを出ようと思います(物価もアルゼンチンの中でも高いらしいし…)

 

 

それにしても、いろいろな情報を皆様からもらいますが、単語や街の名前などなにをいってるかわかりません(笑)

 

みんなちゃんと下調べしてるんだなぁ~

自分は次どうしようかも決めてないのに(笑)

アルゼンチンカテゴリの最新記事