完全初心者向け!Googleアドセンスの見方・使い方これだけは!をまとめてみた

完全初心者向け!Googleアドセンスの見方・使い方これだけは!をまとめてみた

副業初心者が比較的手を出しやすいブログや最近副業の中で一番稼ぎやすいとさえ言われているYOUTUBE。これらでは大抵の人がGoogleアドセンス広告を張っていると思います。

アドセンス広告を貼らないほうがいいとか、アドセンス広告の審査の通り方、ブログへの張り方や規約などはこの際沢山の人が説明してくれているのでスルーして今回は初心者のアドセンス管理画面でのパフォーマンスの見方です。

僕自身ブログを初めて半年、WordPressに引っ越しして4ヶ月が過ぎようとしていますが、正直Googleアナリティクス、サーチコンソール、アドセンスはぱっとみて終わりです。

アナリティクスとサーチコンソールは少し勉強して記事にもさせていただきましたがアドセンスはまだ。

今回は僕がいろんな動画やブログをみてとりあえずGoogleアドセンスで知っておいたほうがいいことや管理画面の見方についてお話したいと思います。僕と同じような立場の方のお役に立てるようまとめていきます。

スポンサードサーチ

Googleアドセンスについて少し復習

Googleアドセンスは雑誌の広告のようなものだと思います。自分のブログにGoogleに広告を出したいと登録している企業の広告をGoogleが自動で選んで広告を載せてくれます。

その中で気になる広告がある人はクリックをして、クリックをされれば報酬が生じます。アフィリエイトと違うところはクリックで報酬が出るところ。

とはいえ、スポンサーもクリックだけじゃなく商品を売りたいのが本音。むやみやたらに広告をページに貼り付けまくってもクリックされるかもしれませんが、質がよろしくないということで、1回クリックされるときのクリック単価が落ちます。

どのようにページに貼ればいいのかはまだ勉強中なので今度にして、クリック単価がそのようなものということをまず覚えておきましょう。

Googleアドセンスを貼れない(ポリシー違反)の内容

これも大事です。以下のジャンル(内容のページ)にはGoogleアドセンスは貼れません。貼ってGoogleに気づかれればポリシー違反ということでメールが来ます。それで治らないようであれば・・・わかりますよね。

  • アダルト系のページ
  • 知的財産権の侵害つまりコピーページ
  • 絶滅危惧種の動物の製品や販売などのページ
  • 犯罪を助長するようなものや危険物など法律に反するものを載せているページ
  • 法律に違反するようなものやグレーゾーンのソフトウェア
  • なぜか【国際】結婚の斡旋
  • 児童の虐待やペドフィリア系のページ

以上が規約違反。ただGoogleによくあるグレーゾーンの「制限」事項は次のようなもの

  • 性的なコンテンツ
  • 見る人にショックを与える(流血・汚物・死体etc)もの
  • 銃や銃の部品、そのた武器など
  • 危険度ラックに関するもの
  • タバコに関するものやアルコールの販売や乱用に関するもの
  • 薬や未承認の医薬品・サプリメント
  • GooglePlay ストアから削除されたアプリ

これらが含まれるもののページにも貼らないほうがいいでしょう。制限の中でのOKとNGのボーダーラインはお調べください。

つまりインターネットで0歳から100歳、どんな人が見ても気分を悪くしないもの法律や道徳に触れないものにしか貼れないということです。

Googleアドセンスの管理画面ホーム

管理画面を開くとまずメニューブロックがこんな感じになっていると思います。

そして隣のホームがこんな感じ。今回もGoogle規約にのっとって数字を隠します。

とりあえず最初に見るのはここですよね

これはそのままの意味で

  • 本日(現時点まで):本日今の所稼いだ金額
  • 昨日:昨日稼いだ金額
  • 過去7日間:過去七日間稼いだ金額
  • 今月:今月稼いだ金額
  • 過去28日間:過去28日で稼いだ金額

となります。残高というのはまだ支払われていない稼いだ金額で、8000円を超えないと振り込まれません。

ページ下の方には各ホームメニューの簡単な結果報告が載っています。ここはぱっと見ておくぐらいで初心者はいいと思います。国やPC/スマホどちらでどのくらいクリックされたかなどがわかります。

旅系や旅行系ならどの国からアクセスが来ているのかも面白いですよね。

スポンサードサーチ

初心者でも見るべきメニュー「レポート」

初心者はレポートだけは見ておきましょう。まずメニューのレポートをクリックするとこんな画面に

ここで表示される用語の意味を覚えておきましょう。

  • ページビュー:ページを見られた数
  • 表示回数:Googleアドセンス広告が何回表示されたか
  • クリック数:クリックされた回数
  • ページのインプレッション収益:ページを1000回見られたときの平均収益
  • インプレッション収益:1000回表示あたりの平均収益
  • アクティブビュー視認可能率:ページに複数ある広告の内何%が見られているか
  • 推定収益額:発生した収益額

下の表の部分をご説明しました。ここで数字を見ておくことが大切です。特に表の下の方に出てくる平均というのはクリック単価のことです。これが重要です。

数字から読み取れること

これらの数字を見て解ることは冒頭でもお話したクリック単価(CPC)。先程のレポートで上の方にあるタブからカスタムを選んでCPCにチェックを入れれば上の方に表示されます。

このクリック単価でどれくらいのPVがあれば目標金額に達するかがわかってきます。

CPC x ページCTR x PV

の式に当てはめて月間(30日)3万円ほど稼ぎたい場合は1日1000円の収益が必要になりますよね。

そしてページCTRが1%でクリック単価が20円だったら

1000÷20=40

これで一日40クリック必要なことがわかります。そして40クリックには

40÷0.01(ページCTR)=4000

つまり一日に約4000PVが必要ということがわかるようになります。

このようにアドセンスで稼ぎたい金額から逆算して一日に必要なPV数を割り出し、あとはサーチコンソールやアナリティクスをみて分析をしていくというわけです。

これらからアクティブビュー視認可能率なども参考にしつつ広告を貼る位置や数なども含めてサイトに落とし込んでいくのが基本だそうです。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はあくまで初心者がここだけは知っておこう、見ておこうというGoogleアドセンスについてまとめました。

  • AdSenseのホームとレポートの見方
  • レポートの数字から読み取れて初心者でも対応すべきこと
  • それぞれの単語解説

などをGoogleアドセンスを見るたびに意識してサイトを初心者なりに作りましょう。

雑記カテゴリの最新記事