旅をしながら稼げる?初心者におすすめの旅中でも稼げる副業【クラウドソーシングとは】

旅をしながら稼げる?初心者におすすめの旅中でも稼げる副業【クラウドソーシングとは】

旅中ってとても楽しいけど、ただ貯金を崩しているだけってことに罪悪感や不安を感じることもありませんか。もちろんワーキングホリデーやバスキングなどでお金を得ている人もいるでしょう。

ワーキングホリデーやバスキングも旅を最大限活かした働き方です。でも他にもなにかないかなと考えたときに、いくつか思いついたものがあるのでそれをご紹介します。

3年間海外で、英語留学、ワーキングホリデーなどを経験しながら世界二周した僕が実際にやっていたことと、旅が終わってから知って旅中もできたじゃん!と思ったことをご紹介していきます。副業としてもおすすめ!

スポンサードサーチ

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングってご存知でしょうか。ノマドの方ならご存知だと思いますが、Web上で仕事を請け負ってこなし、報酬をもらうシステムのことです。

簡単に言えば、FacebookやInstagramのような仕事専用のSNSがあって、そこのタイムラインに「〇〇の仕事しませんか?報酬は〇〇円です」と書いてあって、やりたい物を申し込み、依頼者が承認してメッセージで打ち合わせをして仕事の成果をあげたら報酬を貰えるというわけです。

上の用に仕事がズラッと並び、その中からやりたい物を選んで応募するというシステムが基本です。気になったものをクリックすると更に詳しい情報が書いてあります。

有名なクラウドソーシングのサイト

誰もがパッと思いつくクラウドソーシングの有名なサイトはやはり

クラウドワークス

ランサーズ

でしょう。クラウドワークスは最近上場した企業ですし両方ともクラウドソーシングといったらかなり有名です。とりあえず興味を持った人は両方ともアカウントを作っておいて損はないでしょう。

スポンサードサーチ

どんな仕事があるの

クラウドソーシングには大きく分けて3タイプの仕事があります。

  • プロジェクト形式
  • コンペ形式
  • タスク形式

それぞれ説明していきます。

プロジェクト形式

クライアントと契約を交わし、成果物納品後に報酬を受け取ることができます。プロジェクト形式に限り、固定報酬制(契約時に金額を決める制度)があります。クラウドワークスの場合は時間での報酬支払形式もあり

コンペ形式

当たるも八卦当たらぬも八卦。クライアントが募集をかけ沢山の応募の中から気に入ったものを選び、その人にのみ報酬が支払われます。主にデザインコンペがおおいです。

タスク形式

こちらが一番わかり易いです。頼まれたものを行い成果を渡して報酬を得ます。商品登録や動画編集などがそれに当たります。

どちらも仕事の種類としては140~200種類の仕事があり、クラウドワークスは300万人、ランサーズは100万人以上の会員数がいます。

仕事のカテゴリ

仕事としては

  • Web制作
  • 動画編集や写真編集
  • 商品登録
  • システム開発
  • データ・テキスト入力
  • 翻訳
  • デザイン

などなどありとあらゆる仕事があります。その中から自分でできそうなものを選び受注していきます。

最初のうちは沢山応募してOKが出たものをやっていくというスタイルになります。事実僕も最初は10個くらい応募しても2個くらいしか任せてもらえませんでした。

初めての方はとりあえず未経験者でも可能の中にあるデータ入力など簡単なものをこなして行き信用をあげていきましょう。仕事をこなして実績を上げていくことで逆に仕事が舞い込むようになり成果報酬も上がっていきます。

クラウドソーシングのメリット・デメリット

もちろんどんな仕事も一緒ですが、メリット・デメリットはあります。まずはインターネットのみのやり取りで実際似合うことがないという点からも不安を覚える方もいるかも知れません。

ネット上での仕事では次のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 単価が安い。仕事にもよりますが、最初は結構安いです。実績がないうちはしょうがないですが。
  • 報酬未払いでクライアントが音信不通。たまにあるようです。その対策としてクラウドワークスでは仮払いというシステムがあります。仮払い前に仕事をしないようにしましょう。ランサーズには仮払いはまだないようです。
  • 仕事内容の相違。お互いが思い違いや確認などをしなかったため、頼んでいたものと違うものができてしまったり、作ったものが違うということが起こりえます。修正が続き仕事が終わらないことも。よく打ち合わせをしましょう。
  • 仕事がない。最初で実績があまりなかったり、ずっとやっていた仕事でもいい人があっちで見つかり仕事を頼まれなくなったりでもちろんあります。これはどんな仕事でもありますので、諦めて次に行きましょう。

メリット

  • どこでもできる。旅人にとっては最高ですよね。日本の仕事をドイツだろうが、タイだろうが地球の裏側だろうがWifiがあればできちゃいます。ただ締切は要注意!
  • 未経験者でも可能な仕事多数。上のデメリットとかぶってくるかもしれませんが、仕事を選ばなければ未経験者でも可能な仕事は結構あります。どんどん応募していきましょう。
  • 仕事量(ペース)を調整できる。仕事ではありませんが、本職は旅人。あくまでお小遣いを稼ぐ程度でよかったり、旅中でもがっつり稼ぎたかったりと人によって考え方は違いますが、仕事をしたい分受注してしたくないときは受注しないということができます。
  • 実績を積むと高収入。実績を積んでいくとスカウトを受けたり、ランサーズの場合は認定ランサーとなることで、報酬が安定してきます。もしクラウドソーシングが合っている場合は実績を積んで行きましょう。一生旅しながら仕事をしていけるかもしれません。

もちろん最初からかなり稼げるわけではありません。小さく稼いで実績を積んで稼いでいくシステムです。最初の方は報酬も微々たるものです。僕が初めてやったのは商品登録でしたが、100件登録してようやく報酬1万円という感じでした。

もともとフォトショップなど扱いに慣れていたので、画像加工は簡単にできましたが商品登録は指定のショッピングモールを使ってあげなければならないので慣れるまでが大変でした。ただ一日10件寝る前に登録していけば10日で1万円稼げます。旅中ならなかなか美味しいですよね。

スポンサードサーチ

結局ランサーズとクラウドワークスどっちがいいの?

上の方でもいいましたが、結論両方登録しましょう。正直登録はタダですので、両方とも登録しても問題はなくどちらかといえば視野が広がり仕事を選びやすくなります。

ただどちらも使ってみた感想ではクラウドワークスのほうが仕事を受注されやすいです。とにかくできそうなものから申請をたくさんしておきましょう。

ここでクライアント視点からみて安心されやすいポイントとして

  • プロフィール画像を付けましょう。インスタなども一緒ですよね。サムネがないとなんか捨てアカな気もします。
  • 本人確認書類を登録。こちらもそうですよね。ネット上とはいえ素性がしっかりしている方が頼みやすいものです。
  • その他プロフィールなどを空かないようにしっかり書く。どんな人かわかったほうが仕事を頼みやすいです。

簡単に言うと、こちらも顔が見えなくて怖いけど、あちらも怖がっていると思っておきましょう。お互い素性をしっかりとしておくことで安心して仕事を頼んだり受注できたりします。

つまりどちらも登録をしておきましょう。仕事は選べる量が多いほどいいです!

クラウドワークス

ランサーズ

この2つは業界最大手なのでクラウドワークスを始める際は必ず登録をしておきましょう。

他にはクラウドソーシングってあるの

ランサーズクラウドワークス 以外にもこんなクラウドソーシングもあります。

Bizseek

特徴をまとめると以下のような感じになります。

  • 会員数が少ないだけ競争率が低い
  • システム手数料が業界一低い
  • 買い物代行などの面白い仕事がある

面白い案件があるので登録しておいて見るのもいいかもしれません。人によってはこちらの方が合うといった人もいます。旅人なら買い物代行なんかは海外からの買付代行もできそうです。

そしてもう一つが

ココナラ

ここはクラウドソーシングとしてもそうですが、もう一つ「自分のスキルを売る」というサイトです。例えば占いができるのであればそのスキルを使って報酬を得ると言ったようなことができます。

精神科医などの資格があればお悩み相談なんかもいいですね。そういったカテゴリがあります。なにかクラウドソーシングでは使いづらいスキルが有る場合はこちらのほうが有利です。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。長く旅を続けたい場合はこれらに登録して空いた時間にやってみるのもいいと思います。少し休憩で立ち寄った町や村などにちょっと長めに滞在して仕事してみるのも手です。長距離バスなどでライティングの仕事をしてみるのもいいですね。

これらクラウドソーシングの最大のみ魅力はなんと言ってもどこでも自分のペースで仕事ができること。旅にうってつけの仕事なんです。とりあえず登録してどんな仕事ができそうか眺めて見てください。

旅まとめカテゴリの最新記事