モスクワの観光名所なんて知ってるって?じゃあマイナー情報で攻める!

モスクワの観光名所なんて知ってるって?じゃあマイナー情報で攻める!

サンクトペテルブルグより電車で4時間位でモスクワに到着。サンクトペテルブルグは日本で言う京都みたいな感じで、随所に観光名所が散りばめられている整えられた感じでしたが、モスクワは東京。やはり都会で少しごちゃごちゃとして感じもある。

モスクワのホステル

そんな中モスクワの拠点として選んだホステルが

Check-in hostel Moscow Center
Ulitsa Myasnitskaya,41/1,101000,Moscow
一泊:1200円くらい
WIFI○
シャワー○

モスクワだから少し期待していったけど、やはりスタッフも英語ができない人が多い。レセプションの人も殆ど使えなかった。

とりあえずホステルから有名な赤の広場まで2kmくらいしかなかったので歩いて向かってみた。もうここらへんは観光客向けだったり少しおしゃれな雰囲気がただよったりと表参道、原宿的な感じがした。

8月のモスクワ

赤の広場についた途端、大きな失敗に気づく。

なんと何かしらのイベントで赤の広場にステージが建設されていて広場じゃなくなっていた笑

これにはかなりまいった。中央から聖ワシリイ大聖堂やクレムリンなどを撮りたかったのに、かなり写真の構図も変わってくる。ちょうど8月後半くらいからイベントが有るようで1週間前であるお盆には仮設ステージ設立の真っ只中。とりあえず聖ワシリイ大聖堂でも見ておこうと思って見学。

中は狭い教会内に部屋がいくつもありそれぞれ礼拝堂のようになっているという面白い作りで、日本のお寺や神社にはなかなか無い作りだと思った。もちろんヨーロッパや南米の教会でも見たことのない作りでどこを見てどこを見ていないのか途中でわからなくなってくる。

そこから有名なグム百貨店へ。ここは三越などのようなデパートでショッピングモールよりは格式が高い?お店がずらりと並んでいる。入るためにはボディチェックや荷物チェックも必要という厳重体制ぶり。

なかはおしゃれなショッピングモールといった感じ。

またロシアといえばバレエがかなり有名ですが8月はお休み!これも痛かった。とりあえずボリショイ劇場だけ行きましたが、中に入れず。

ボリショイ劇場

そしてバレエだけでなく、モスクワといえば世界三大音楽院のモスクワ音楽院もあります。ここらへんは歩いているだけで代官山なワンランク上のおしゃれな感じが笑。モスクワ音楽院は学生による定期公演をしているので、聞けるかも!といったものの音楽院自体が休み!!かすかにピアノの音は聞こえてきましたが、公演はなさそうでした。なのでチケットもどこで買うかもわからずじまい。

チャイコフスキーの銅像とモスクワ音楽院

音楽関係は8月は全くダメでした。下調べ不足・・・ただ最寄り駅にて学生なのかな?演奏が聞けたのはよかった。

モスクワ音楽院のちかくだからそこの学生さんによるライブだと思い込みたい笑

モスクワのショッピングモール

モスクワでショッピングと言ったらまず間違いなくグム百貨店が出てくるでしょう。ただ、ショッピングモールというものもあります。僕は古い情報を見てしまってかなり最寄りの駅から歩いて見つけましたが、なんとそのショッピングモールに併設して今はメトロがあるためアクセスもすごい楽です。

そのショッピングモールは「アヴィアパルク」。地下鉄の CSKA駅 が最寄りとなるので、そこは覚えておきましょう。中は大きな水槽あります。なんかショッピングモールに水槽があるところ結構ありますよね?なんでだろ

写真で見ればわかるようにかなり巨大なショッピングモールで観光客もあまり見かけないので、見ていて楽しいですよ。ここでロシア語が書いてあるTシャツが欲しくて探し回ったのですが、なかなかそういゆうものが少なく、あってもあまり欲しいと思えないものだったので買いませんでした。

他にフードコートやユニクロ、映画館などもあり日本のショッピングモールと同じ感じで楽しめます。ただハンバーガーを頼んでみましたがやはり英語は通じず。

モスクワのストリートファションブランドのおすすめ

どうしてもロシア語が書いてある服がほしかったので、色々調べてみました。せっかくだからストリートファションで調べてみると色々出てきましたが、その中でも特におすすめしたいのが

「 Спутник 1985 」

アドレス:Электрозаводская ул., 21 строение 1, Москва, 107023

この看板をみつけたら隣の門扉の横にあるチャイムを押すと扉が開くので中庭に。中庭にもこの看板が壁にかかっているので横のチャイムを押すとお店に入れる。

お値段はお手頃でキリル文字で書いてある服が多い。その時のカウンターのお姉さんが英語を使えたので少しスムーズに買い物ができた。Tシャツ、ニット、靴下を買ったけど、もっとほしかったな。カードが使えず現金のみだったので少し買い物しづらかったけど。女性ものもあるので女の子でも楽しめると思う。

ロシアの紅茶・お茶事情

これはなかなか調べてもでてこず(気になる人がいない説)大変だったところ。カレリア共和国で偶然隣の席の女の子にイヴァンチャイという名産のお茶があると教えられたこともかなりの収穫だったけど、実はロシアって紅茶も作っているって知ってました?

ロシアンティーといってジャムを一口含んで紅茶を飲むスタイルは有名だけど(実はロシアじゃなくてウクライナだかの文化らしい)インドやスリランカと違って寒いイメージのあるロシアで紅茶をつくっていると想像する人は中々イないだろう。でもカレリア共和国のときもお話したソチがあるクラスノダール地方はだいぶ暖かく紅茶の産地となっている。なかでもマチェスタ農園が有名で(というかこの農園しか売っているのが見つからない)かなり上質な紅茶を生み出している。

僕もモスクワにくれば簡単に変えると思っていたが甘かった!まずはグム百貨店へ行ってみたが、英語が通じない。そして食料品売り場に行きようやく見つけたが定員が詳しくない笑。とりあえずマチェスタと書いてあったので購入。ただ偶然ホステルへの帰り道で寄ったお茶のお店で重大なことが判明!

「それ緑茶だよ」

ガーン!でもそこのお店にクラスノダール、マチェスタ農園の紅茶もおいてあったので購入!緑の缶が緑茶で、黒い缶が紅茶のようです。そしてそこのお茶屋もご紹介!かなりの数のお茶を扱っていました。

チャイ=コフェ
アドレス:Мясницкая ул., 19, Москва, 101000

ここであればクラスノダールの紅茶が買えます。

味はシンプルな感じでどんな食事でも合いやすい癖のない感じです。ストレートでもミルクでも合いそう。ポルトガルの紅茶に少し近い感じがしました。次は是非とも農園に行ってみたいです。

モスクワの夜景

赤の広場が広場じゃなくなっていてもやはり夜景はきれいでした。

ここでもマイナー情報を、チェスチェイエ・ブルドイ駅の隣りにある公園は大きな冬にはアイスリンクになるらしい池があるのですが、そこの周りの夜景もきれいです。カップルが沢山!

ジャケット来てる人もいますが、お盆です。夜はやはり肌寒いので羽織るものが必要です。次におすすめするベラルーシ料理のお店の近くでもあるので帰りに歩いてみるのもおすすめ!ここらへんは人が賑わっていて治安も全く問題ありません。

モスクワでベラルーシ料理に舌鼓

ロシアを旅してロシア料理じゃないものも食べたくなってきた。基本で気にその国の日本料理店には一度は行くのだが、サラリーマン旅になると時間的にそこまで日本食が恋しくならないため行ってなかったが、調べてもあまり面白そうなところがなかった。なのでベラルーシ料理なるものがあるらしいので行ってみることに。モルドバ料理店もあるらしいがパスポートが必要だったり、その日がたまたま休みだったりと行けなかった。

ベラルースカヤ・ハタБелорусская хата
アドレス:ул. Покровка, 9с1, Москва, 101000

これはコロッケの中身のようなもの。お決まりサワークリームがついています。そして少なく見えますが、かなり重い!すぐお腹いっぱいになりました。英語が通じませんが、それも合わせておすすめのベラルーシ料理のお店です。

モスクワに住んでいる方はともかく、普通に観光に行ったら中々行かないところだけピックアップしてみました。有名なところはいろんなブログや情報が流れているので特に説明する必要もないかなと。ちなみにスターバックスはそこら中にありタンブラーも簡単に手に入ります。

それではよい旅を!

ロシアカテゴリの最新記事